情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.プロジェクト立ち上げ

 1-1 情報システム開発プロジェクト企画書の作成
  111 企業の標準形式に準じた企画書
  112 目的・目標・費用等の明確な記述
  113 企画の要点を審査しやすい記述
  114 責任者の上位管理者からの承認
  115 関係者レビューによる内容の合意

 1-2 情報システム開発プロジェクト企画の申請と説明
  121 公正な立場での審査担当者の参加
  122 重点事項中心の効果的な説明会
  123 審査担当者の質問への的確な回答
  124 設定された制約に大きな支障なし

 1-3 情報システム開発プロジェクト企画書の完成
  131 再提出を求められた事項の記述
  132 企業における実行可能性の検討
  133 プロジェクト推進上の障害なし
  134 PMの役割・任務・権限が明確
  135 企画の初期要求のPMへの伝達

コメント:
 プロジェクト立ち上げ時には、まず、プロジェクト企画書が作成される。企画内容が審査をパスすると、正式なプロジェクトとして承認され、立ち上がったことになる。さて気づいた方もいると思うが、プロジェクト立ち上げの上記3タスクは、じつはプロマネのスキル基準として定義されていない。もっと上位の、企画担当者あるいは責任者が行うものと想定している。ただし、プロマネ(またはプロマネ候補)が企画書のレビューに参加し、助言を行う機会を得ることが望ましい。というふうな注釈が、スキル基準に書かれている。

Pman注目:
 135 企画の初期要求のPMへの伝達
 スキル基準には「プロジェクトマネージャに企画内容がプロジェクトへの初期要求として伝えられていること」と書かれている。プロマネは、以降のプロジェクト計画をどのように具体化し実現していくのかということに注力する。しかし、時間の経過とともに、そのプロジェクトの本来の目的はいったい何だったのか、忘れがちになるような気がする。忘れるだけならまだしも、目的から外れたプロジェクトになってしまうと、例えば開発したシステムが顧客に使われないなどといった問題が生じることもあるだろう。初期要求を念頭においたマネジメントが必要である。

 次回予定→ 2.プロジェクト計画策定
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/66-e50c1255

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。