情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見積、品質、進捗・・あとは?

 私の業務について整理してみたところ、以下のような状況であった。
(1) 見積り作業
 見積りといっても具体的な費用を算出したことはない。作業工数(人月または人日)を主としてプログラム規模から算出し、プロジェクト計画書に盛り込む作業を何度か経験している。大規模なプロジェクトになると、工数見積りにかかる作業はそれ自体たいへんなものである。よって、複数メンバーによる共同作業となる。
(2) 品質管理
 これは、自分としては興味ある仕事の一つである。ソフトウェア、特に業務アプリケーションの設計、実装、テストという各々の工程毎に品質目標を設定。目標を達成するためにいろいろな手立てを考えたものだ。定量的にとよく言われるが、定性的な品質もある。むしろ後者のほうが重要かもしれないと私は感じる。
(3) 進捗管理
 本来であれば、プロジェクトの遅延が無いかどうか監視し、遅れや遅れの兆候が見られた場合に何らかの対策を講じる必要がある。分かってはいるのだが、具体策を考える余裕もなく、週1回の定例会議で報告するための進捗資料を1週間ぶりに更新して出すというお粗末な実態。

 ほかにもあるが、こうして挙げてみると自分のおおまかな傾向が見えてくる。そして、これを試験の午後2に結び付けられるどうか。と言うよりも、何とかして結び付けたい・・。そのためには、論文ネタとして通用するレベルまでさらに掘り下げていく必要がある。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/64-ee06cf9d

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。