情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロマネ業務の整理から

 私は長年システム開発や運用の仕事に携わってきたが、プロマネの経験があるかといえば、あるような無いような非常に微妙なところである。マネージャというより開発リーダーとしてプロマネ的な職務を行ったことは確かにある。例えば、開発工数の見積りやプロジェクト計画の検討、ソフトウェアの品質管理、進捗管理など。これらはプロマネが一人で頑張っても、そう簡単にいく仕事ではない。リーダーあるいはサブリーダー的な人たちの協力があってこそ成り立つものだと思っている。そういう意味で、システム開発において最も重要な要素の一つがチームワークだろう。どんなに高い技術力を持ったメンバーが集まったとしても、チームとしての結束や協調性がないと、それは、プロジェクトとして機能しないと考える。
 試験に対しては今後じっくりと取り組むとして、まずは自分の業務について振り返っておきたい。といっても、難しいことを考えるわけでなく、これまでの仕事でプロマネとしてやってきた事を少し整理してみようと思う。その際に、上で述べたチームワークという観点から、私自身がそのチームにとってどういう存在(立場)で、どのような役割を果たしたのか。何が良くて何がダメだったのか。肩肘張らず、楽な気持ちでノートに書いてみよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/63-14c36d7e

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。