情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ある日の新聞記事から

 この車掌の姿が、プロマネの姿に重なったのである。
 「駆け込み乗車はおやめ下さい。そんな乗り方でけがをした時はお客様の責任です」というセリフは、「無謀な要求は受け入れられません。そんな無茶を言ってシステム障害が起きたらお客様の責任です」と同じではないかと。
 多くの乗客を安全かつ確実に目的地まで運ぶのが車掌の役割であるのと同様に、開発プロジェクトを最後まで円滑に運営していくのがプロマネの役割だろう。ところが、ユーザ側の都合によりプロジェクトが思い通りに進まないケースが往々にしてある。例えば、急な仕様変更の要求やリリース時期の変更など、リーダ的な仕事に携わる方なら1度は経験しているのではないだろうか。お客様は、基本的にわがままである。時には非常識な発言もするし、横柄な態度をとったりする。プロマネだって人間なのだ。つい我慢できなくなり「好ましくない言い方」をすることもあるだろう。「無謀な乗車に憤る車掌の熱心さ」は「プロジェクトに対する責任感」に通じるものがあると思う。

 さらに、もう1つの観点から私はこの記事に関心をもった。
 次回へつづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

私は車掌さん支持です

はじめまして、この記事を私も読んでちょっと考えさせられました。

文章だけでは、どのような言い方だったのかは伝わりませんが、
怒気をこめた言い方だったのかと思いました。
「お客さんに対して叱る→こっちは客だぞ!」という構図になったのではないでしょうか。
言っていること自体は、そんなにおかしなことではないと思ったからです。
無茶な駆け込み乗車で、事故でもあったら、怪我するのは当然として、
列車の運行に支障が出て、大勢のお客さんに迷惑になります。
列車に乗っていた方の多くは、車掌さん支持でもいいような気がします。
こんなことで、苦情の電話をかけるなんて、情けないとな思いました。

やはりそうですか

農民21号さん、はじめまして。
たしかに文面だけでは判断しきれませんが、状況としては車掌支持
が妥当だと私も思います。
公共の乗り物はルールを守るのが基本ですからね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/61-98bfa257

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。