情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度の始まりに際して

2011年 4月3日(日)
 ここ1ヵ月を振り返ってみると、公私ともにいろいろな出来事があった。まず、戦後最大の惨事となった東日本大震災である。今なお行方不明者が1万人以上にもなり、被害は想像を絶するほど深く、しかも広範囲に及んだものとわかる。そして、福島県の原子力発電所からの放射性物質の流出は、世界的にも重大な問題として認識され、各国の反原発運動を呼び起こした。リーマン・ショックによる深刻な不況からようやく立ち直りかけていた日本経済は再び沈降し、政府も企業も、この事態をどう乗り越えていくかが当面の課題となる。
 東京電力をはじめ、今年の入社式を中止した企業もあるという。だが、いろいろな事情はあるにしても、可能な範囲で入社式は行うべきだと私は思う。なぜなら、厳しい雇用状況にあって内定を獲得した多くの新入社員にとって大切な行事だったはずだし、また、経営トップ自身の声で企業として掲げる指針を示し、復興に向けて社会貢献が必要になるからだ。4月1日にできなかったら、例えば2週間後に延期して短時間での開催でもいい。今こそ企業は「がんばろう日本!」をスローガンに一致団結のときだと考える。
 一方、私個人の出来事としては、仕事の面で転機が訪れた。約2年にわたるプロジェクトが一段落し、次の案件に携わることとなった。今まで経験したことのない顧客業務である。新鮮さはあるが、不安も当然ある。しかし、このご時世、仕事があるだけ助かったとも言える。バリバリ働きそうな即戦力の若手なら仕事はあるだろうが、私ぐらいの世代になるとかなり危なくなってくる。下手をすると人員整理の対象になってもおかしくはない。そう考えると、ある意味ラッキーだった。もともと我が社は、社員の教育とか資格研修などはわりと熱心なのだが、資格を取ったあとの業務へのフィードバックみたいな部分が弱い。あまり評価されないわけである。ところが、次の案件を私に紹介した上長は、これまで私が資格取得を通じてスキルアップしてきた努力を認めてくれた。素直に嬉しかったと同時に、期待に応えなければと思った。
 こうして新年度は、公私にわたり新たな局面で始まった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/488-f209dcc3

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。