情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト1週間の勉強法について

 春期試験まで残り1週間。この土日でラストスパート!と気合いを入れて勉強している人も多いだろう。実際のところ、最後まで猛烈に追い込んで頑張れる人は、かなりの確率でいい結果を出せるように思う。ところが、試験が近づくにつれてだんだんと慌てふためいてしまい、気持ちだけが空回りした挙句、調整に失敗してしまうというパターンもある。なぜそうなるかというと、1週間でできる範囲を超えた量をやろうとするからである。今までほとんど何も勉強してこなかった人ならば、1週間で無理やり頭に詰め込むしかないだろう。しかし、何ヵ月も前から計画的に勉強してきた人の場合、最後の1週間で今までの総復習をやろう、などと考えてしまうから気合いが入りすぎてしまうのだ。以前、私はそういう経験をしたことがある。たしかプロマネ試験のとき、それまで順調に勉強を進めてきて残り1週間の段階でいい感じに仕上がってきたが、午後試験の論文がまだ何となく不安だったので、準備論文3つをそれぞれ始めから終わりまで通して書く作業をしたのである。そのあとに午後1の過去問演習、午前問題の最終確認をして試験本番を迎える予定だったが、演習も確認も中途半端になってしまい、すっきりしない気持ちで受験。その結果は、不合格だった。当時はまだスコアが通知されなかったので、どこで落とされたのか判らない。反省するとしたら、最後の論文練習はやめて午後1演習と午前の確認のみに絞るべきだった。
 これからどういう対策をして仕上げていくかは自分で決めるしかないが、よく考えて取り組もう。ところで、当ブログのサイドメニューから「必勝!ノウハウ集 」カテゴリーを選ぶと、試験直前アドバイスという記事がある。やや昔の情報もあるがそれ以外は十分使えるノウハウになっていると思うので参考にしてほしい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

頑張ります

非常にためになりました。
今週の日曜日、頑張ってきます。

Re: 頑張ります

返信が遅くなって申し訳ありません。がんばってください。
もう試験終わってるかな。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/424-1580ccff

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。