情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009読書録『悩む力』

 大変読みやすい上、含蓄のある本だと思う。

悩む力 (集英社新書 444C)悩む力 (集英社新書 444C)
(2008/05/16)
姜 尚中

商品詳細を見る

 書店に行くと数限りない本があって、これは面白そうだ、読んでみたい、と思う本がいくらでも存在する。山積みされている新刊などは、そのタイトルだけ見ても興味をそそられるものが多い。これほど大量の本が次々に出てくると、どれを選べばいいのか分からなくなる。と言うのも、読書のできる時間は限られているので、期待はずれにしたくないという思いが先に立ってしまうのである。こういった場合、多くの人に読まれていて評価の高い本、というのがやはり無難な選択ということになる。
 さて、この『悩む力』である。帯に刷られている"75万部突破!"の文字に注目したのも確かだが、著者の生い立ちを織り交ぜた、語りかけるような書きっぷりに引き込まれてしまい、購入した。そして、まさに"一気読み"してしまった。あまりに早く読み終わったので、これなら本屋で立ち読みを何回かすればタダ読みできたのでは・・などと不埒なことを考えてもみたが、本とはそういうものではない。所有することに意味があるのだと思う。
 著者はすでに還暦に近い年齢になりながらも、これからまだ、たくさんやりたいことがあると、最後の章で語っている。その夢というのが、ちっぽけなものではなく、意外と思うくらい大きな夢だ。この最終章に、何か大きな力をもらった気がした。
 老いて「最強」たれ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/417-555c044a

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。