情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナリスト対策本は一長一短

 対策の途中であるが、じっくりと比べてみよう。

書籍名:情報処理教科書 システムアナリスト 2007年度版
出版社:翔泳社

【午前】
    なし。この本は午後問題のみ。
【午後1】
  ○:最近の問題は一通り揃っている。2008年版なら昨年分もある。
  △:試験センターの解答と異なる解答例がある。
    ただし参考になるので、割り切って使えばいいかも。
  ×:解説の「要点の整理」はほとんど役に立たない。
【午後2】
  ○:ANスキル標準に準拠し、体系的な知識の整理ができる。
  ○:問題数は十分。解答例(サンプル論文)は部分的には参考になる。
  ×:論文の解説はやや不親切な面がある。

書籍名:2008 システムアナリスト予想問題集
出版社:アイテック

【午前】
  ○:解説は詳しく書かれている。
  ×:問題が古い。別途、最近の問題をやる必要あり。
【午後1】
  ○:オリジナル問題が多くバラエティーに富んでいる。解説は秀逸。
  △:全体的に問題が古い。
    ただしシスアナの場合、昔の問題でもやって損はないだろう。
【午後2】
  ○:問題数は十分で、解説も詳しい。
  ×:解答例(サンプル論文)は載っていない。

 『情報処理教科書』は最初にパラパラめくってみた感じは良かったのだが、読んでみると欠点が目立った。翔泳社のこのシリーズは、他の試験区分では有用な対策本だったが、アナリストだけは期待はずれとなってしまった。だけど全くだめというわけではないので、上手に使えばさほど大きな支障にはなるまい。
 『予想問題集』は問題が古いことは分かっていたのであまり期待していなかったが、読んでみると意外にいいと感じた。全体に解説が丁寧なので、一問一問やるごとに力がついていく気がする。これで最近の問題だったらいいのにと思う。そういう人のために『2008 徹底解説 システムアナリスト 本試験問題』があるのだろうけど、こちらはもう買う気などない。
 昨年受けた監査のときも同じような事を言ったが、この二冊と心中する気持ちで残された時間を過ごそう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/405-ff8c2b65

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。