情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後1対策 H14_問1(再)

平成14年度 問1 合併に伴う営業戦略の転換

設問1
 合併後の営業戦略を実行するためには、営業支援システムを一本化する必要がある。時間の関係上、合併当初はB社のシステムを基礎にして必要な変更を加えて利用することに決定した。B社のシステムを選択した根拠をアプリケーション機能の観点から述べよ。

1) 顧客をキーに、複数の営業案件や過去の案件をまとめて見ることができるため。
2) システム機器販売の営業について、受注番号により機器の手配状況が把握できるため。

設問2
 合併後のC社は"開拓営業"を推進する方針である。コンサルティング部門が提案の糸口を見つけるために、営業支援システム内に蓄積すべき情報は何か。

1) ソリューションの提供につながるような、顧客ごとの課題やニーズに関する情報。
2) 自社のサービスメニューに合致する"ターゲット企業"の状況の分析結果情報。

設問3
 合併後のC社において、事業展開の意思決定や利益管理に営業案件の情報を反映させる場合、営業支援システムとして必要になる機能要件は何か。

1) 事業計画の進捗管理のために、サービスメニューごとの計画と実績が取得できる機能。
2) 利益管理を適切に実施するため、売上と利益に関する予測実績情報を取得できる機能。

私はこう考えた
 設問1:B社にあってA社にない機能は何か。
 設問2:〔C社の営業戦略〕から当てはまる情報を探し出す。
 設問3:管理上必要な情報を取り出せること。


参考(一昨年の記事)→ 午後1対策 H14_問1
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/396-c137b1cd

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。