情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後1対策 H15_問3(再)

平成15年度 問3 百貨店における業務改革立案とシステム化構想

設問1
 自主販売商品の取扱数量を拡大するに当たり、商品部ではきめ細かい商品管理を行うことが必要になる。
(1)在庫管理の精度向上を目的として、商談時に発注予定数量を取引先に伝えるために、商品部バイヤが行うべきことは何か。

1) 全社の週末の単品ごとの売上数を把握し、次週以降の単品ごとの発注予定数量を予測する。

(2)利益管理の精度を高めるために、発注内容を確定する時点で留意すべきことは何か。

1) 通常と特売の仕入条件を認識し、商品ごとに適切な粗利益率であることを確認する。

設問2
 自主販売商品の取扱数量を拡大するために、全社の商品管理体系を統一し、商品群単位で自主販売商品と委託販売商品を整理した理由は何か。(組織運営面から)

1) 粗利益率をコントロールできる自主販売商品の比率を高め、商品管理の一元化で事務処理コストを削減するため。

設問3
 自主販売商品について、商品部バイヤが主導権をもって一括管理する理由は何か。

1) 単品ごとに全社及び店舗別の売上・利益管理が可能となり、週次単位できめ細かい商品管理ができるため。
2) 全社スケールメリットにより、同一取引先に対する交渉で必要な量を適切な価格で仕入れることができるため。

私はこう考えた
 設問1:(1)単品ごとの精度を上げれば、全体の精度が上がる。
     (2)仕入条件は異なる場合がある→→粗利益率は妥当な値か。
 設問2:通常「統一」や「一元化」するとコストが減る。
 設問3:メリットは何か。(全社的な視点から)


参考(一昨年の記事)→ 午後1対策 H15_問3

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/385-4acde01b

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。