情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文講座-11-あなたが主役

 評価ポイントの5つ目「見識に基づく主張」とは、どういうことか。
 まず、受験するからには、その試験区分についての十分な見識を持っている必要がある。知識や技能に加えて経験があれば、少なくとも論文試験にチャレンジする権利はあると思っていい。しかし、物事を知っていることと、実際に論文を書けることはちがう。午前から午後1までは知識レベルの評価が中心となるのに対し、午後2は思考レベルの評価も加味される。つまり、午後2の論文試験では、ただ単に知っていること、見たこと、聞いたこと、やったことを書き並べるだけでなく、自分なりの主体的な考えを述べる必要がある。

   あなたの経験と考えに基づいて、設問ア~ウに従って論述せよ。

 これは、問題文の最後で決まり文句のように出てくる一文である。ほとんどの論文問題が、この文言でほぼ統一されている。さらに設問ア~ウを読むと、何回も出てくる言葉がある。

   あなたが携わった情報システムの概要を・・・
   あなたはどのように検討し、・・・
   あなたが個別に工夫した点を含めて・・・
   あなたはどのように評価しているか・・・

 採点者は、マス目に書かれている文章を評価するのではなく、この世にたった一人しかいない「あなた」を評価するのである。きちんと自己主張のできる人物かどうかを判断するのである。
 主張といっても、風変わりで奇をてらったものでなく、じつに当たり前のことのほうが無難である。当たり前のことであっても事実や根拠に基づいた主張であれば説得力があり、確実に評価は上がるだろう。主張をうまく述べるには、論文対策を進めるときに、主要テーマに対する決め台詞を用意しておくといい。本番でこんなテーマが出題されたらここを必ず述べよう!と決めてシミュレーションしておく。そうすることで、単なる業務報告書のような文章ではなく、あなた自身の論文が自信をもって書けるようになると思う。

 次回へつづく。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/356-5fe86fff

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。