情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文講座-09-素直な気持ちで

 評価ポイントの3つ目「記述内容の妥当性」とは、どういうことか。
 これは、出題の趣旨に沿っているかどうか、だと思う。適合性と言ってもいい。評価ポイントの1つ目「設問で要求した項目の充足度」が書くべき事項に着目するのに対し、3つ目の「記述内容の妥当性」は書くべき内容に着目する。どちらも重要なポイントであり、この二つのポイントを満たしてかつ指定の字数を超えれば、評価ランクがDになることはまず無いだろう。

 昔の論文試験は今よりも大雑把な出題になっていて、あらかじめ準備した論文をうまく使えば書けるものが多かった。しかし、最近は傾向が変わってきており、準備した論文が使えないような、制約条件の厳しい出題になってきている。このため、出題の趣旨を正しく読み取る力が必要なうえに、趣旨に合った内容を書かなければいけない。逆に言うと、趣旨に合わない内容はどんなに立派な内容であっても、書いてはダメということになる。

 正しく読み取る力と言っても、さほど難しく考えることはない。午後2の問題文は、大学入試の国語の問題みたいな長文ではなく、たかだか20行程度の文章なので、読むだけなら数分あれば読めてしまう。ただし注意したいのは、問題文の意味を誤解したり、拡大解釈しないようにすること。ちょっと自分の得意なテーマだったりすると、しめた!と思って急いで書いてしまうケースもあろう。しかし、それは非常に危ない。たとえ得意な分野や準備していた論文のテーマに近い場合であっても、最低2回は問題文を読み、出題者が求めているもの(意図)を理解することが大切である。これが、妥当性のある論文を書くための大前提と言えよう。

 記述内容の妥当性を確保するには、とにかく問題文に対して忠実に素直に書くこと。もっとも確実な方法は、問題文の一部を引用してしまうことだ。引用した部分のあとに「例えば・・」とか「具体的には・・」などと続けて書いていけば、出題の趣旨から外れることはないし、読み手にとってもわかりやすい論文となる。途中で脇道へそれないように、べったりと問題文に貼り付いて書き進めていこう。

 次回へつづく。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/354-7e8f4a3c

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。