情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年版「いる資格、いらない資格」

 2008年版「いる資格、いらない資格」
 恒例になった感のある日経ソリューションの記事が掲載された。今回は、営業効果と一時金の両面から、以前よりもきめ細かく調査を行っているという印象を受けた。公的資格のほかに各種ベンダー系資格についても詳しく取り上げている。そもそも情報処理技術者試験を「資格」と呼ぶことに多少のためらいを感じたりもするが、IT業界ではそう呼んでも特に問題ないものと思う。
 今回の調査では、前回と同様にプロマネ系が高い評価を得ている。ただし、情報処理技術者プロジェクトマネージャ(PM)とPMPを比較すると、PMPの評価がやや下がっている。その理由として、日経の記事では費用面の負担を挙げている。たしかに、PM試験は受験料5100円と教材費などを合わせても金銭的にはさほど負担になるものではない。それに比べるとPMPは、業界では高く評価されているものの、講習の受講料や資格更新にかかる諸費用が大きく、費用対効果がよいとは決して言いがたい。私自身、PMPの制度にはどこか「なじめない」と感じていて、今のところ取得する予定はない。
 また、全体的な傾向として、テクニカル系資格の評価が盛り返してきているようだ。「技術職に取らせたい資格」では、情報処理技術者試験テクニカルエンジニアのうち、ネットワーク(NW)、データベース(DB)、情報セキュリティ(SV)が軒並み順位を上げている。その一方で基本情報技術者(FE)のポイントが下がっていることから、業界では「基本情報は持っていて当たり前、より高度な人材を求める」方向に動いているのではないかと推測する。
 ところで、日本人は何でもランキングにするのが好きな国民のようだが、ランク付けしたデータをどのように活用するのかといえば、じつはあまり有効な使い道がないような気もしてくる。普通の人ならば「ふーん、そうなんだ・・」ぐらいの興味本位で見ていいだろうが、例えばIPAのような機関にとっては貴重なデータの一つとなるはずだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

2008年版「いる資格、いらない資格」

Pmanさん、こんばんは。

この記事、IPAさんにとっては、とても重要な記事になるでしょうね。
わたしが、受けたテクニカルエンジニア(ネットワーク)のランキングが上位にきており、ひとりほくそえんでいました。

定期的に更新しておりますので、また遊びにきてくださいね。
お待ちしております。

応援ポチ。

では、また。

コメントありがとうございます、network_imetさん。

試験センターのホームページでも紹介されていますね。
http://www.jitec.jp/1_00topic/topic_20071129_itpro.html

継続教育

確かにPMPの資格更新の費用や効果には??な部分が多いですね。

継続専門教育(CPE)としての制度や信頼性が増せば、
様々な業務経験、知識の拡充・研鑽などを評価された人=PMP
という認識の定着ができるのかもしれませんね。

CISAやCIAのCPEを通じて、
単位取得の大変さはありますが、
日々アップデートしていくよう半ば強制されないと、
身につかないものも確かにあるなぁ~とは実感しています。

そうそう、教育のこともあります。
取得したらそれで終わりではなく、
始まりと思うぐらいがいいのでしょう。
日々アップデート・・まさにその通りですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/339-449c14f2

情報処理技術者 資格

資格~情報処理技術者情報処理技術者とは、コンピュータのシステム設計や開発、運用などを行う技術者の能力を評価する国家資格(経済産業省の管轄)です。1969年に技術者不足と将来の需要増に対応するために設けられた資格試験で、時代のニーズに合わせて発展していくのが

転職資格

 とりあえず言えることは一部の高齢者の間で転職資格が流行の最先端であることが重視されがちです。そうすると、eラーニング 中国語が異常だとしてしまいますし、明朗闊達とは限りません。ただライバルが社会保険労務士 資格も好意的であることが多いようです。しかし、税理
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。