情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007読書録『本所深川ふしぎ草紙』

 時にはこんな本も読んでみたくなる。

本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫) 本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)
宮部 みゆき (1995/08)
新潮社
この商品の詳細を見る

 江戸時代の下町を舞台とした物語。最近読んだ本の中では、もっとも心に残った小説である。七不思議にからめて7つの短編から構成されており、いずれも江戸の情緒や人情がじんわりと伝わってきて、読み終えたときに「いい話だったな」と感じる。個々の話はそれぞれ異なるストーリーであるが、7通りの話がそろって1つの物語になっているという印象を受けた。私は1作目を読んだだけで、何なんだ・・この読後感は、と思った。胸にしみ入るとはまさにこのことだ。
 著者の作品で、私が以前読んだことがある本は「魔術はささやく」「火車」「理由」といった代表作であり、人気作家だけに読まれた方も多いだろう。これらの本は、ほとんど非の打ちどころがないくらい優れた作品だと思った。緻密なストーリー展開、巧みな描写、女性ならではの柔らかな文体など、見事と言うしかない。それゆえに、こういう作家の時代小説とは一体どういうものだろうと、ずっと気になっていたのである。
 「本所深川ふしぎ草紙」は、上に挙げた代表作ほどの強いインパクトは無いのだが、そもそもこれらの作品と比べることは無意味だろう。なぜなら、江戸時代と現代とでは舞台の背景がまったく異なるし、登場人物の心情やものの考え方もかなり違うからである。しかし、小説としてのジャンルはちがっても、宮部作品であることには変わりない。私はこの本を読んで、あらためて彼女の才能に畏敬の念を抱いた。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

読みました!

かみさんが宮部みゆき愛読者なので、
僕も読みましたね~。

個人的には宮部みゆきでは、
現代ものより江戸時代もの(自分が江東区に住んでいるので特に本所・深川あたりの)が好きですね♪

読んでいるとき、江戸時代にタイムスリップする
みたいな感覚がいいです。
ちょっと疲れたな~って時に読むと楽になりますね。

こんばんは。
トラックバックさせていただきました。

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/337-8c86beec

本所深川ふしぎ草紙

 世の東西を問わず、この世には色々と不思議なことが伝えられている。ところが、この不思議の数は、どういう訳か七つとされている例が多い。六でも八でもなく、どうして七不思議なのかはよく分からないが、七つくらいが人が一度に認知できる限界と言われているので、もし...

本所深川ふしぎ草紙 宮部みゆき

近江屋藤兵衛が殺された。下手人は娘のお美津だという噂が流れたが…。お美津に 受けた恩義を忘れず、ほのかな思いを抱き続けた職人がことの...
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。