情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格体験記(システム監査技術者)

------------------------------
 午前試験
------------------------------
【教材】
 ・合格精選360題試験問題集(東京電機大学出版局)

【対策】
 この問題集は昨年の受験前に解いており、そのとき不正解だった問題や理解不十分な問題がわかるようしるしを付けていた。そこで今回は、しるしのある問題だけを解き、短時間で効率よく弱点を補い、確認することに重点を置いた。この本に掲載されている問題の数は、共通分野263問、専門分野97問。このうち専門分野すなわち監査に関する問題は、どれも監査業務の基本的な知識を問われていて難しくないので、しっかりやれば得点源になるし午後の対策にも結びつくので一石二鳥だ。一方、共通分野は範囲が広いので、上に述べたように、弱いところをピンポイントでおさえることにした。

【戦況】
 当日の状況は、受験レポートにも書いたとおり冷や汗ものだった。さすがに直前のみの勉強では不十分であることを痛感した。途中からエンジンがかかって無難にまとめたとは言え、危ない橋を渡ったなという気持ち。これで逆に気が引き締まったと思えばいいのか。

【評価】
 今回あまり時間をかけずに済まそうとした午前であったが、やらなすぎだったと反省している。スコアは690点なのでまったく問題ない気もするが、今まで蓄積している知識の貯金だけで点を稼ぐ方法は、学習プロセスとして望ましくないと思っている。理想としては、過去の問題をきちんとやったうえで、新しい技術やトレンドを貪欲に吸収し、午前試験はすべて正解できるぐらいのレベルに高めていきたい。

------------------------------
 午後1試験
------------------------------
【教材】
 ・情報処理教科書 システム監査技術者 2006年度版(翔泳社)
 ・システム監査技術者過去問題&分析〈2007年版〉(同友館)

【対策】
 まず教材に選んだ上の対策本は「命がけの投資(1/31)」と「過去問題集への辛口評価(2/25)」にあるとおり、それぞれ一長一短あり、どちらが良いとか悪いということはない。この2冊でいくと決めた以上、これらの使い道を考えて勉強を進めていくことにした。情報処理教科書は、昨年ほとんどやらずに放置してしてしまったので、今年はみっちりとやった。この本で秀逸と思うのは、基礎解説のわかりやすさだ。とても読みやすい。それと過去問の解説がていねいでいい。私のような監査の実務経験がない者にとっては最適な教材だろう。一方、過去問題&分析のほうは、直近3年間の午後1問題を徹底して解くことに全力を注いだ。解説も一応は参考として読むが、午後1をクリアするには、1問あたり30分以内で解けるようになることが必須条件である。
 今までブログに何度も書いた気がするけれども、とにかく反復練習につきる。私は結局、3年分の午後1問題を3回ずつやった。つまり4問×3年分×3回=延べ36回分解いた。解くのにかかった時間は、1回目が50~60分くらい、2回目が30~40分くらい、3回目が25~30分くらいだった。さすがに3回もやれば、答えがほぼわかっているので時間は短縮できる。
 では、答えがわかっているのに繰り返して解く意味はあったか否か。これは、確実にあったと言える。2回目、3回目をやるときは、設問を読んですぐ解答を書くわけでなく再び問題文を読むのだが、そのとき「ああなるほど、ここに解答のヒントがあったのか。出題の意図がこんな所にあったのか」と気づいた。1回目には見えなかったものが見えてきたのである。答えの内容も大切だが、それ以上に答えを導くまでのプロセスが大切なのだ。
 もう1つ留意した点がある。それは反復のタイミングだ。普通に考えると4問×3年分×3回なので、4×3=12問を3回くりかえせばいい。しかし私は、このやり方では駄目だと思った。12問も解いたあとに最初の1問目をやっても、その1問目の内容はたいして頭に残っていないからである。すなわち
1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,1,2,3,..
ではなく、もっと反復のサイクルを短くしなければならない。そこで私は、次のように2問を1セットにして反復させ、1つ1つの問題の解き方や監査特有の考え方が確実に身につくようにした。
1,2,1,2,3,4,3,4,5,6,5,6,7,8,7,8,9,10,9,10,11,12,11,12,1,2,3,..

【戦況】
 詳しくは受験レポートを参照のこと。

【評価】
 スコアは昨年の440点から205点もアップし、645点であった。このように十分な成果があったことから、午後1対策は功を奏したと考えている。また、今回は私にとって取っつきやすい出題だった。問1(部門システムの監査)はあまり芳しい出来ではなかったようだが、問2(統合プロジェクトの監査)と問4(フォローアップ)で救われた。特に問4は、書かせる量はやや多いが素直な問題であり、正しい選択をしたと思う。問題に恵まれたチャンスを逃さなかったのは、長年にわたる受験歴のたまものと自負している。

------------------------------
 午後2試験
------------------------------
【教材】
 午後1と同じ

【対策】
 サンプル論文の写経(書き写し)を1本やって感覚をつかんだ後、手頃な過去問題を選んで論点を挙げていった。手頃というのは、自分が書きやすいテーマであることと、監査業務そのものがテーマであること。午後2の傾向を見ると大きく2つあり、1つは監査手続書や監査調書、監査の品質管理などを取り上げた問題、もう1つは情報システムの開発や運用などに監査をからめた問題。これら両方について準備論文を書きたいところだったが、今回は時間があまり取れなかったため片方だけにした。では、なぜ監査業務それ自体をテーマとする問題を私は選んだか。それは、監査業務の基本的な考え方を柱とした論文を準備しておけば、いろいろなテーマに適応できると判断したからである。具体的な対策については、このブログの「システム監査技術者」カテゴリーにあるので、そちらを参照してほしい。

【戦況】
 問題冊子をひらいて悩んだ。準備論文は使えそうになかった。考えた末、問1を選んだ。「システム監査におけるITの利用」は全く予想していなかったが、監査業務そのものに近いテーマといえば問1になる。正直に言ってしまうと、あまり気が乗らなかった。本来ならばきちんと論文設計をやって構成とかキーワードを考えてから書き始めるべきところ、何もしないでだらだらと書き出した。その結果、途中でネタに詰まってストップしたり、脱線しそうになったりと苦しい展開に。最後はやや強引にまとめて、どうにか論文の形には仕上げた。

【評価】
 試験のあと、午後1の結果さえ危ない気がしたので、午後2はあまり考えられなかった。よしんば午後1クリアでも午後2は無理かなと思っていた。しかし、なかば信じられないが「A」を獲得できた。じつはあの論述でよく受かったと思っている。あるいは準備論文が使えないことによって肩の力がぬけ、かえってリラックスして書けていたのかもしれない。課題は、結果オーライではなく自分で納得のいくプロセスを踏んでいくことだろう。

------------------------------
 その他の対策
------------------------------
 AU受験にあたっては「システム監査基準」及び「システム管理基準」を無視できない。これらを1月からブログ上に載せていき、基礎固めをじっくりと行った。内容は、ブログの「システム監査基準」カテゴリーにまとめてある。また、2月以降はこれらの基準を少しでも多く吸収するため、前文を除いたすべての項目を音読し、それをICレコーダーに録音したものを通勤途中に聞いた。こういう勉強は英会話などに限らず、やってみたほうがいい。数回ほど聞いて憶えられるものではないが、何十回も聞くうち、次に出てくる言葉が自然に浮かんでくるなど効果が出てくる。これを憶えるだけで試験問題が解けるわけではないが、できるだけ憶えておくに越したことはない。また、2つの基準(特に管理基準)の内容は、情報処理試験対策としてだけでなく日常の業務にも役立つので、勉強してよかったと思う。

------------------------------
 最後に
------------------------------
 何はともあれ、結果を出せてよかった。
 ずっと昔は、システム監査など雲の上のように思っていた(こちらにも書いていた)が、ついに自分もここまで達したのだ。先日届いた合格証書を見て、感慨深い気持ちになった。この思いを胸に、誇りと自信を持ってこれからの道を歩んでいきたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
コンテンツが充実していますね。
また拝見させて頂きます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/308-870a812a

情報処理の資格取得の体験談

ITパスポート・基本情報技術者・応用情報技術者をはじめ、全ての情報処理技術者試験の体験談を集めました。

合格体験談(続き)

■ネットワークスペシャリスト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。