情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAシステム障害について考える

 全日空システムの大規模な障害は8万人もの足に影響を及ぼした。直接の原因はメインフレーム上のデータ滞留らしいが、なぜ滞留したのか、さらに原因を調査中という。調査にあたっている多くの技術者の苦労と疲労は、想像するだけで身につまされる。といっても、私が今まで仕事で目の当たりにした障害などとは比べものにならないほどの重大な障害である。
 事象から推測すると、原因はソフトウェアのバグだと私は思う。その根拠は、関連記事「【詳報】全日空システム障害はデータ滞留が焦点に、通信機器は前日に兆候も」に書かれている以下の内容にある。
----- 引用開始 -----
 一方のシステムは午前11時、24日までに更新した「接続系システム」のハードウエアとソフトウエアとも旧システムに切り戻し。午後0時30分、アプリケーションの稼働するメインフレームに滞留していたデータを除去。午後3時頃からシステムが通常の状態に戻った。
----- 引用終了 -----
 この接続系システムというのが一体どういうものか詳しく分からないが、ソフトウェアを旧システムに戻したら正常に動いたのだから、障害原因は新システムのバグとしか思えない。もしハードウェアに欠陥があれば、突然システムダウンするだろう。そうではなく、前日からネットワーク機器に異常の兆候があったということなので、ソフトウェアの作りがまずい気がする。無駄なプロセスを実行しているとか、リソースを多く食っているとか、ワークエリアの初期化もれとか、そういったプログラムレベルの考慮が不足しているのではないか。基本的で単純なことほど怖いもの。基本に立ち戻ってもう一度レビューしましょう!と言いたい。
 一介のSE(兼PM/PL)が偉そうなことを言ってしまったが、決して他人事ではなく、他山の石と捉えるべき。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/305-89c1819c

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。