情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007読書録『卒業』

 これは多くの人にすすめられる本。

卒業 卒業
重松 清 (2006/11)
新潮社
この商品の詳細を見る

 著者の作品については、去年の秋に読んだ「疾走」によって、自分自身をかなり消耗したような気もするし、とてつもないパワーをもらったような気もする。特にお気に入りの作家というわけでもないのだが、気がつくと読んでいる。ただし「疾走」は他の作品に比べると相当ダークな内容となっているので、はじめて読む方は(へんな言い方だが)覚悟を決めて読む必要がある。
 さて「卒業」であるが、こちらは一読した限りでは衝撃的と言うほどのストーリーでもなく、いわゆる「死」をテーマとした4つの短編から構成されている。4という数字を死とかけたのか?というのは考えすぎだろうか。いずれも異なる登場人物の視点から、それぞれ独自のストーリーが展開されていき、身近な人の死に対する敏感かつ繊細な心情がよく描かれていると思う。死といっても千差万別で、本当にいろいろな死の姿や形がある。この本を読むと、人にとって "生きかた" は大切であるが、"死にかた" も大切なんだと感じる。亡くなった人はこの世にいないけれども、残された人々の心の中で生きているのである。重いテーマでありながら、本書はそれを重く感じさせず、むしろ軽快とも言えるほどの巧みな表現とユーモアがあり、いつのまにか夢中になって字面を追っている自分がいた。卒業。この平凡なタイトルでありながら、いや、平凡だからこそ、そこに深い意味が込められているのではないか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/304-01d69b61

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。