情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007読書録『ひらめき脳』

 今回も論説文を1つあげておく。

ひらめき脳 ひらめき脳
茂木 健一郎 (2006/04/15)
新潮社
この商品の詳細を見る

 この本はタイトルどおり、ひらめいて買った。書店でパラパラやって何となく、という感じだった。最近「脳」という言葉をよく目にするようになった。あの「脳内革命」に始まったブームなのかわからないが、脳が人間をコントロールするものである以上、これはもはや人類にとって永遠のテーマと言っていいだろう。本書では、前頭葉、海馬、シナプスなど聞いたことのある用語がいろいろ出てくる。しかし、こうした脳にまつわる専門用語の解説本ではなく、ひらめきという現象が発生するしくみについて具体例をあげて紐解くような内容になっている。著者は、単なる記憶力だけではなく「ひらめき」が非常に重要なものであることを切々と説いている。
 読んでいるうちに、ひらめきが日々の仕事や資格試験などでも大切、いや必要不可欠なのだと思えるようになった。たとえば、情報処理試験を例にあげると、選択式の試験では、いくらIT用語の意味を記憶していても、その記憶力を試験中に発揮できなければならない。記述式では、問われている内容に合致した言葉や表現のひらめきが必要になるし、論文では、準備していなかったテーマが出題されても、ひらめきによって記憶の海から1つ1つの言葉をすくい上げ、文章を組み立てていかなければならない。
 私は普段、こういう本をあまり読まないほうだ。すぐに目がふさがってしまうから。でも、本書ははっきりとした脳で、最後まで読むことができた。 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/303-6f2bbbf1

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。