情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコア600足切りラインは

 試験の日から、1週間がすぎた。あれこれ振り返ってどうだったか考えてみたりしたが、いくら考えても結果が変わるわけではないので、そのことに気付くとだんだん関心が薄れていく。
 ところで、受験者にとって、足切りラインは一体どのくらいなのか、非常に気になることであろう。つまり、午前や午後1の試験でいう、スコア600点のボーダーラインのことだ。私が今回受けたシステム監査に関していえば、おおよそ次のような数字ではないかと推測する。
【午前】 55問中の正答数が、40以上で安全圏、35~39がボーダーラインか?
【午後1】正答率が、70%以上で安全圏、65~69%付近がボーダーラインか?

 客観的な根拠はまったくないので、監査人としては失格なのだが、たとえ主観であっても数値で示すことにより物事が見えてくるものだ。午前については、IRTによる評価なので、単純に正答数が一定以上ならOKとはならない。例えば、35/55でもクリアする人がいたり36/55でアウトの人がいたりする可能性もある。つまり、正解および不正解した問題の組み合わせによって結果が変わる。とはいえ、40/55あれば、たぶん大丈夫ではなかろうか。午後1については、これもまったくの想像であるが、7割を超えればおそらくクリアするものと思われる。 ITECやTACあたりでは既に午後1の解答例を発表しており、これらで採点しようと思えばできるのだが、5月末に試験センターから公表予定の解答によって再び採点すれば、安全圏か、ボーダーか、ダメかがおおよそ分かるだろう。
 システム監査の場合、午前は例年よりもやや難易度が高く、午後1は例年並みかやや低かった、のではないかと思う。それが、足切りにどう影響してくるか。足切り。それにしてもイヤなひびきの言葉だ。これまた考えてもキリがないので、もう考えないことにしよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/300-91829241

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。