情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗記の秘策

 翔泳社の情報処理教科書に付いている「試験直前チェックシート」を切り離し、読んでみた。重要ポイントとなる事項についてキーワード中心にまとめてあり、直前の時期まで体系的に学習(復習)できるようによく考えて作られたシートだと思う。最初のほうには、「・・・各項目をしっかり暗記してください。」とある。これは非常に苦痛だ。読めば自然に頭にはいってくるなら苦労しないのだが、監査の用語はどうもうまく覚えられないのである。しかし暗記してと言われると、何とかして吸収しなければいけない気になってくる。
 はるか昔、私は大学受験の準備をしていたころ英単語がなかなか覚えられずに悩んでいた。そのとき、一か八かで試した方法は、語呂合わせで暗記する、というものだった。今もあるのか知らないが、連想単語記憶術とかいう本で、単語1つ1つを日本語の言い回しに置き換えて覚えられるようになっていた。最初は、こんなので本当に身に付くのかと思ったが、やってみるとこれが意外に効果があって、英語に対する苦手意識が徐々に消えていったのである。当時、あの有名な「でる単」をやっている受験生が多かった中で、私はひそかに「連単」をやっていたわけだ。
 そうした過去もあって、私の場合はまともに暗記するよりも、何かひと工夫したほうがいいと思いながら直前チェックシートを見ている。さすがに語呂合わせは難しいが、いくつかの語句を1文字ずつつなげてみると、少しは覚えやすくなるだろうか。たとえば、

 システム監査の目的
  1. 信頼性
  2. 安全性
  3. 効率性  ⇒ 信・安・効 ⇒ しんあんこー

 データインテグリティの特性
  1. 網羅性(完全性)
  2. 正確性
  3. 妥当性
  4. 整合性  ⇒ 網・正・妥・整 ⇒ もうせーだせー

という具合に。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/293-f3bdc9a1

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。