情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文対策2回目 問題

 システム監査の品質確保について <平成17年 問1>

 情報システムの企業内における役割の拡大、更には社会にもたらす影響の拡大に伴って、情報システムに関する経営者の管理責任が強く求められるようになっている。例えば、情報漏えいや重大なシステムトラブルが発生した場合には、経営者の管理責任が問われることがある。そこで、経営者の管理責任を果たす上で、システム監査が重要な意味をもつことになる。
 システム監査の役割は、独立した立場にある監査人が、情報システムに関するリスクに対して、適切なコントロールが構築・維持されているかどうかを客観的に点検・評価するとともに、コントロールの有効性や効率性を高めるための改善勧告を行うことといえる。このような役割を果たすためには、システム監査の品質を確保し、高めていくことが重要になる。
 システム監査の品質の確保及び向上においては、監査手順の遵守、適切な監査手続の実施、監査調書の作成・保存などの対応だけではなく、経営にとって有益な監査報告を行うことが重要である。そのためには、システム監査人の育成及び教育、監査業務プロセスの継続的な改善、監査部門内での品質チェック、外部の第三者による品質評価などが必要になる。
 情報システムに対するコントロールを高めていく上で重要な役割を担うシステム監査人は、システム監査の品質を確保し、向上させるように努めなければならない。また、実施したシステム監査の品質確保の状況について、経営者や第三者に明確に説明できるようにしておくことも大切である。
 上記に基づいて、設問ア~ウについてそれぞれ述べよ。

設問ア
 あなたが携わったシステム監査の目的と概要について、システム監査の品質確保の重要性と関連付けて、800字以内で述べよ。

設問イ
 設問アに関連して、システム監査の品質が十分でない場合に、どのような問題が発生すると考えられるか。具体的に述べよ。

設問ウ
 設問イで述べた問題について、システム監査の品質を確保し、高めるために必要な取組について、具体的に述べよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/285-addcba60

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。