情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文対策1回目 所見

 2月中に1本あげておきたいと思い、昨日、苦労しながらもどうにか書いた。なにしろシステム監査の初心者なので、翔泳社の本に記載されているサンプル論文の大部分を転用しようと考えていたのだ。けれども書いているうち、こうしたほうがいいかも、と思う部分がいくつか出てきたので、私なりに掘り下げてカスタマイズしてみた。
 初心者でありながら対策本にケチをつけるわけではないが、サンプル論文はけっして完璧な論文ではないと考える。例えば、設問イで「監査報告書における監査意見の根拠を明らかにするために、監査調書を作成する上で留意すべき点」を問われているのに、サンプル論文では1度も「監査報告書」が出てこない。問題文にも監査調書と監査報告書とのかかわりを表現するところがあるので、これはせめて1度は書いておくべきキーワードだろう。

 ところで、『システム監査基準』には、次のように記載されている。
【4】実施基準
4-3.監査の実施
(2) 監査調書の作成と保存
 システム監査人は、実施した監査手続の結果とその関連資料を、監査(  )として作成しなければならない。監査調書は、監査結果の裏付けとなるため、監査の結論に至った(  )がわかるように秩序整然と記録し、適切な方法によって保存しなければならない。

  <注>項番は私がふったもの。わざと空欄(  )を作ってある。

 つまり、今回のテーマはこの部分の内容について具体的に論述することが求められている。単に『システム監査基準』及び『システム管理基準』を覚えているだけではなく、それを実務に適用する技能があるかどうかだ。また一方で、これらの基準を十分に理解することは、それだけで論文が書けるわけではないが、論文を書くにあたってのベースは形成される、という気がした。

 明日から3月。いよいよ本腰を入れていく時期にはいる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/280-3bf1b2cd

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。