情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ITスキル標準(ITSS)に基づく実態調査

 第3回 スキルレベル編--保有資格との相関関係が明確に・・・

----- 引用開始 -----
 システム監査技術者はハイレベルが18.6%と最も高い一方で、エントリレベルも13.4%と唯一10%を超えた。これは、ITスキル標準で定義されているスキルと、システム監査技術者に求められるスキルとの関係性が、他の3資格に比べて弱いためであると考えられる。
----- 引用終了 -----
【ITpro :2007年01月25日】

 いろいろなデータが掲載されている記事である。ただし、ITエンジニア1万人という母数がどの程度の有効性を持つのかは定かでない。そういう見方をすると非常につまらないので、率直な感想だけ述べておこう。
 シス監は、他の試験区分に比べると少し異質なものという気がした。ITスキル標準(ITSS)については、当ブログでも以前少しだけ触れたことがあるけれども、確かにシステム監査という分野はスキル標準に当てはまらないのである。エントリレベル13.4%というが、シス監保有者のスキルレベルが低いというわけではなく、そもそも標準的な尺度が存在しないのでこういう結果になったと読み取れる。これまた、私にとってはタイムリーな内容と言うしかないが、如何せん保有者にならなければ、レベルとかいう以前の問題である。私としては、エントリレベルでもいいからシス監保有者の一員になりたいものだと思う。
 ほかに、年齢層によっては大企業よりも中小企業のほうが高レベルを示すとか、地域によってもレベルの傾向があるなど興味深い内容も含まれているので、統計とか数字の好きな方は読んでみるといいだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/265-5f604ed2

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。