情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スキル標準】の整理

 試験センターから公表されている「情報処理技術者スキル標準」を整理しておこう。スキル標準とは、技術者として持つべき知識・技能・能力の水準を規定する指針のようなものである。試験区分ごとにあり、試験センターのHPからダウンロードできる。テクニカルエンジニア(システム管理)のスキル標準は、次の体系から成る。
  1.概要
  2.主要業務
  3.スキル基準
  4.知識体系
 このうち2の主要業務は、システム運用管理業務プロセスと称して、以下10種類のアクティビティに分解される。
   1.システム管理計画
   2.システム管理
   3.資源管理
   4.障害管理
   5.セキュリティ管理
   6.性能管理
   7.システム保守
   8.新規システム開発とシステム移行
   9.運用管理に関するシステム評価
  10.システム利用者対応
 各アクティビティでは、さらに詳細な業務(タスク)に分解され、タスク毎に業務概要を定義している。これらの業務を技術者が適切に遂行できたかどうか、その達成状況を確認するための指標を示すものが「スキル基準」となる。スキル基準では、タスク毎に「達成指標」「要求される知識」「要求される技能」を定義している。
 長々と退屈な話になってきたが、私が言いたかったのは、システム管理エンジニアが目指すべきところは、この「スキル基準」にあるのではないか、ということだ。体系的な整理をする意味で1日1アクティビティずつに分け、達成指標から抽出した要点を列挙してみよう(過去に遡ってアップする)。各々15字以内にまとめたので意味不明の部分もあるかと思うが、実際のスキル標準と照合すれば明らかになるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/26-a31f8a6f

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。