情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとなの姿をうつす鏡

「甘ったれるな」いじめ自殺予告に慎太郎吠えた

 文部科学省に「いじめが原因で自殺する」という差出人不明の手紙が届いた問題。決行予告の11日を迎え、手紙が投函されたと見られる東京都豊島区の小中学校では学校関係者が巡回するなど、厳戒態勢が続く。
 一方、石原慎太郎都知事は「甘ったれるな」「大人の文章で愉快犯」とこの問題を切って捨てた。続きはこちら
【産経新聞社/夕刊フジ:2006年11月11日】

 いじめ問題が深刻化している。去る10月28日に履修不足の記事で教育に関することを書いたばかりだが、人権あるいは人命にかかわる「いじめ」のほうが根深く、重大な問題だと思う。都知事の発言はいかにも彼らしい過激なものであるが、甘ったれるな!と吠えるような大人が少なくなった時代への警鐘なのかもしれない、という気がした。
 私は小学生のころ、いじめらたことがある。何人かに囲まれ、いきなり石を投げつけられたのだ。囲まれたといっても意外に私との距離はあったので、結局みんな臆病だったのだと思う。一人の投げた小石が私の頭部に当たり、そのときの痛いという感覚は今でも忘れない。悲しかった。おとなしかった私は、こっちも石を投げ返すという行為さえ思い浮かばなかった。私が記憶している子供のときのいじめは、この1回だけである。
 しかし今になって、私の体験などほんの些細なことだったのだ、子供の単なるいたずらだったのだ、と思うようになった。近ごろ毎日のように報道されるいじめのニュースを見ていると、いじめの内容がより残酷で陰湿になってきており、もはや大人の常識が子供には通用せず、教育現場はただ右往左往しているような気がする。いじめはいけないこと、いじめはやめましょうと叫ぶだけでは何も解決しないだろう。子供は大人を見て育つ。おとながきちんとしなければ、子供がきちんとするはずがない。子供は、おとなの姿をうつす鏡なのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/238-8ed273e5

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。