情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後1対策 H17_問1,2

 当初から午後1を重点的にやる方針だったので、傾向を確かめるためにも、昨年の問題を見ておく必要がある。私が使ってきた経林書房の本は2005年度版なので、平成16年までしか載っていない。このため、平成17年の問題を入手しなければならない。が、今さら新しい対策本を買うつもりはない。そこで、JITECのホームページからダウンロードすることにした。現時点では、平成17年度の秋期、平成18年度の春期の問題と解答例がPDFで提供されている。ついでに言うと、今回の18年度秋期から、午後1の記述式について、解答例と併せて「出題趣旨」を公表するのだという。顧客(?)サービスの向上が着々と進んでいるようだ。
 きょうは、17年度の午後1問題のうち問1と問2を、時間を計って解いてみた。ここまで14,15,16年度の問題を計12問解いたわけだが、あまり時間を気にしていなかったためか1問あたりの解答時間は30分をゆうに超えていた。そこで、そろそろ調整の時期が来たので実戦的な練習をしてみたのだが、やはりどうしても30分以上かかってしまう。私はどうやら本番での緊張感がないとダメなようだ。出来のほうは、時間をかけたわりには冴えない結果だった。今まで何度か練習してきたのと同じで、設問の主旨はだいたい把握できているが、解答を作成するのが至難の業である。

☆平成17年度 問1 新規顧客の獲得業務のアウトソーシング

 これは新傾向の問題と思われる。アウトソーシングといってもシステム開発の委託とかではなく、営業活動の一部を外部に委託するケースである。記述量はさほど多くなく、読むだけならたいしたことはないが、今までの出題パターンとやや異なるので、問われていることをしっかりと認識し、見当ちがいの解答を書かないように注意が必要である。ポイントは、現状の営業活動において不足してしている部分を見つけ、委託先のテレマーケティング業者のチームに対して業務プロセスを適切に遂行させられるか、であろう。
 私はそもそも営業経験がないので、この問題を選択するのは勇気がいる。経験がなくても答えられる場合もあるが、不利なことはたしかである。問1だからと言って初めにやる必要はない。それに、めずらしく穴埋め形式になっているが、意外な落とし穴があるかもしれない。少しでも気になる事がある問題は、本番では選択を保留にしておき、最後の3問目で選ぶかどうか判断することになるだろう。

☆平成17年度 問2 空調機器販売会社の保守サービスの改善

 ここでいう保守とは、ソフトウェアの保守ではなく、業者の設備に対するサービスのことを指す。ソフトウェアの保守なら多少の経験はあるので理解できるが、この問題は、保守部品の調達とか設備の故障についてなので、自分の勝手な思い込みを捨て、すなおに読まなければならない。ポイントは、顧客満足度の向上と収益改善という2つの観点から、遠隔監視システムおよび保守支援システムの導入により、付加価値のある新しいサービスが顧客に提供できるか、であろう。
 この問題は、どちらかといえば「私向きの問題」かもしれない。けっして満足のいく出来ではなかったが、ハードウェアの故障分析の考え方はソフトウェアのそれと相通ずる面があり、理解はできている。少なくとも問1よりは答えやすいと思った。こういう問題から手をつけるのがいいだろう。

 さあ、残り2問がんばろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちわ

わたくしも、今年、システムアナリストを受験します。
昨年PM合格による午前免除で、
シスアナ経験のほとんど無いという同じような境遇で、
いつも参考にさせていただいております。
また、自分の進捗の確認の、
ある意味ペースメーカとしても活用させていただいております。

参考書でも同じ経林書房の2005年度版の過去問題を使用しており、
ちょうど本日、H17年の午後1問題をダウンロードして、
同じように解いてみました。
私の感想としては、H16までの問題よりも、難しい~と感じました。
なかなかポイントがつかみにくいですね。
またご感想、ご分析など期待しております。
いつも、ありがとうございます。

コメントありがとう

けろろさん
当ブログを活用していただき、ありがとうございます。
本当に同じような境遇ですね! 少しびっくりしました。
シスアナはたしかに難しいですけど、
だからこそ勉強のやりがいはあると思います。
もうすぐ試験日なので体調に気をつけて
お互いにベストを尽くしましょう。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/226-40d3219e

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。