情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後1対策 H16_問3

平成16年度 問3 小売業における設備保全管理の業務委託

 スーパーマーケットを多数出店するXチェーンストアが、店舗運営経費の削減と本部運営効率の向上をねらいとし、節電対策を含めた設備保全管理の業務委託を検討するケースである。

問題文の構成
1章〔節電対策の必要性〕
2章〔設備保全管理の現状〕
3章〔設備保全管理の業務委託検討〕

設問の主旨
設問1
 店舗の設備保全管理の業務委託について
 (1)業務委託すべきものをどのような判断基準で切り分ければよいか。
 (2)節電対策を推進する上で、委託すると効果が期待できる業務を二つ述べよ。
設問2
 RFIDの利用により効果が期待できる業務委託内容とその期待効果を述べよ。
設問3
 業務委託の有効性を検証するため、店舗企画部が収集すべき計量データを二つ述べよ。

解答例 :システムアナリスト過去問題&分析〈2005年版〉から引用
設問1
(1)故障状態が長引くと店舗の管理・運営について顧客に不信感を与えるか。
(2)-1 冷凍・冷蔵ショーケースの冷却器の霜取りを適切に依頼する業務。
(2)-2 計測センサのデータを節電対策のために集計・分析する業務。
設問2
(1)修理内容の書き込みを委託すれば設備寿命の判定や定期点検を適切に行うことができる。
設問3
(1)設備故障が発生してから次の故障が発生するまでの時間
(2)設備故障が発生してから修復するまでの時間

Pman 解説
【私の解答】
設問1
(1)専門知識を必要とする修理は業務委託し、それ以外は店舗スタッフが対応する。⇒×
(2)-1 冷凍・冷蔵ショーケースに対し、冷却器の霜取りを適切に行う業務。⇒○
(2)-2 店舗の空調設備に対し、室温の状況により温度設定を調整する業務。⇒×
設問2
(1)適切な部品交換時期の把握と、迅速な部品交換の実施が可能になる。⇒△
設問3
(1)設備の温度異常や電力消費量異常の発生回数・頻度 ⇒○
(2)故障発生から回復までに要した時間 ⇒○

 パッと見た印象では難しそうなテーマに思えたが、題意はおおよそ理解できた。
 設問1(1)は、解答例を見てちょっと拍子抜けした。顧客に不信感を与えるか?・・たしかに文中にはそういうヒントがあるにしても、不信感という曖昧なものがはたして判断基準になり得るのだろうか。一応×にしたが、私はあまり納得がいかない。設問1(2)も、冷却器の霜取りは○だが、データの集計・分析は業務委託するものだろうか、という疑問がわいてきた。文中には「店舗スタッフが忙しいこともあり~~調整しないことが多い」とはっきり書いているので、空調設備の温度調整のほうが解答としては正しい気がする。
 設問2は、無線ICタグ(RFID)を取り上げた問題だが、RFIDについて詳しく知らなくとも解答できる。私の答えは「修理内容の書き込み」が無かったので△とした。
 設問3は、知識問題であり、平均故障間隔(MTBF)と平均修理時間(MTTR)そのままである。私の解答「異常の発生回数・頻度」は、故障間隔の別の言い方とみなして○とした。こういう問題は、午前試験レベルの基礎知識があれば容易に解けるので、必ず得点しておきたいところだ。

コメント
 昨年春のSM試験のときも、午後1の解答例に疑問を抱くというケースがあった。これについては、合格体験記(システム管理)2-2あたりを参照してほしい。出題する側としては、採点のことを考えて、なるべく解答が一意に定まるようにはしているだろう。しかし、受験する側はじつに様々な人間がいるので、予期せぬ解答を書いてくる場合もあろう。それが別解になるか却下されるかが運命の分かれ道ということだ。
 あと10日。午後1を突破しないことには道が開けないので、最後まで気合いを入れていこう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/222-5a3f3579

ママに『サプライズ』を!

ガーベラ専門のフラワーギフトとシンプルな雑貨の紹介です。特筆すべき点はご注文を受けてから採ったガーベラを使い、6時間以内に出荷するガーベラの鮮度です。シンプルなラッピングなので、自然にママにプレゼ
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。