情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後1対策 H16_問2

平成16年度 問2 電子部品メーカにおけるシステム化

 電子部品メーカW社が、顧客の需要やニーズの変化に柔軟に対応できるように、“見える経営”と“スピード経営”を目指して新システムを導入するケースである。

問題文の構成
1章〔現在の業務運用〕
2章〔新システムのねらい〕

設問の主旨
設問1
 高機能部品を担当している事業部に新システムを導入する理由を次の観点から述べよ。
 (1)製品の特徴から考えられる理由
 (2)顧客満足度から考えられる理由
設問2
 本店営業部が販売計画の作成について改善すべき事項を二つ述べよ。
設問3
 販売会社で新システムを有効に活用するために、どのような業務改善をすべきか二つ述べよ。

解答例 :システムアナリスト過去問題&分析〈2005年版〉から引用
設問1
(1)製品ライフサイクルは短いが高利益率なので厳密に管理すれば収益に貢献する。
(2)希望納期への回答や調整について、迅速な対応で顧客満足度改善が可能である。
設問2
(1)販売計画作成サイクルを生産計画に合わせて週1回に変更する。
(2)販売計画を作成する際に、在庫確保用の数量を加えるのをやめる。
設問3
(1)責任を持って納期回答するため、生産部門の回答納期を確認し、調整する。
(2)顧客との関係を良好にして、使用見通しの変動をこまめに把握し、入力する。

Pman 解説
【私の解答】
設問1
(1)短い製品ライフサイクルと需要の変動に対し柔軟性を確保できるから。⇒△
(2)顧客希望納期を実現しクレームを減らすことで顧客との関係を確保できるから。⇒○
設問2
(1)顧客の優先度を、部門ではなく納期に合わせて設定すること。⇒×
(2)製品在庫の数量を、需要に合わせて適正に見積もること。⇒△
設問3
(1)顧客の使用見通しの変動をこまめに把握する業務プロセスを確立する。⇒○
(2)生産部門と調整し、納期の確認と納期変更の業務プロセスを明確化する。⇒○

 設問1(1)は、高機能部品の特徴として、製品ライフサイクルが短いこと、高利益率であることを答えるべきだったが、私の解答は前者だけなので△とした。設問2は、本店営業部として改善すべきことが問われている。問題文に「自部門で担当している顧客を優先しがちなので~~中小顧客は後回しにされる傾向がある」とあるので、これを是正すればいいと私は考えたが、それよりも、販売計画の作成サイクルを月次から週次に変えるほうが現実的で重要ということだろう。(ちなみに前回記事「午後1対策 H16_問1」の設問2では、年次から月次にするという解答をしており、着眼点としては私の解答で正しい気がした。)また、2つ目の解答は、意味的には正解に近い気もしたが「適正に見積もる」というのがやや曖昧なので△とした。
 それ以外の設問は、かなり正解に近いと思われる。本問のように、6問中3問は○、あとの3問は△ぐらいになれば、何とか午後1クリアの可能性も出てくる。

コメント
 午後1をまったく勉強しないでクリアできてしまう人がいる。そういう人は、もともと優秀なので、特に対策や準備はいらない。一方で、多くの人は、午後1は時間が足りないと言う。私もそう思う。きょうの問2は問題文の量がわりと少ないほうであるが、きちんと考えて答えを導くとなれば、少ないなりの与件をよく読まなければいけないし、解答をまとめる時間もかかる。結局30分かかっているので、本番ではぎりぎりだろう。いかに集中できるかだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/221-c8f84e7f

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。