情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験免除の有効活用

 受験票が届いた。すぐに開封し、まず目にはいったのが次の2文字である。

    免 除

 試験の監督員が特記事項を記入するための欄が3つあり、その上段に大きな文字で印字されている。本当に大きな文字だったので驚いた。そして、受験番号の下にも「午前試験免除」と印字されていた。私は、この免除という経験がなく、一度やってみたかったので、ようやくそれが実現したわけだ。なにしろ午前免除の場合、当日の朝はゆっくりできる、午前から午後の試験への頭の切り替えをしなくていい、午後に集中できるなど、いろいろなメリットがある。デメリットがあるとすれば、逆に気が緩んでしまうことか。考えてみると今までは、午前試験が終了した時点で「午前はクリアできそうだ、よし!午後も頑張るぞ」という精神的な勢いがついていた。しかし今回はそれが出来ないが、だからといって、免除を使わないのはもったいない。やはり、免除は有効に活用すべきである。
 肝心の勉強のほうは、2本目の下書き論文をノートに写したところ。もう明日から10月であり、本来ならば追い込みの時期にきているはずが、今回はかなりペースが鈍い。昨年までとは違い、絶対に何が何でも受かりたい!という気持ちがあまり無いからか。それならそれで、自分の実力を試してみる、ぐらいの意識でちょうどよいのかもしれない。シスアナの職務は、机上で理解できるほど、単純なものではないと思う。しかし、対策本を読んでいるうち「自分は大した経験はないが、ものの見方や考え方は理解・共感できる」部分もあり、まずまずの成果かと思っている。
 試験日まであと2週間。せめて論文を採点してもらいたいので、これからまた午後1をやるのが賢明だろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/218-8b972845

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。