情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四次元の世界にいるもう一人の私

 私なりに頑張って書いてみたものの、いいのか悪いのか分からない。良し悪しの判断さえつかないようでは、この先どうにも手の打ちようがない、という気がする。
 論文に限らず、文章というのは、一度書いた後にしばらくそのまま寝かせておき、あとで再び自分の書いたものを読んでみると色々なことが見えてくるものらしい。つまり、時間が立つと、はじめに書いた時の自分とはまた違った第三者としての目で客観的にとらえることができる、ということのようだ。この論理は、ある意味とても興味深い。私という人間はこの世でたった一人だけれども、いまの時間軸とはちがう別の時間軸には別の私がいるという、四次元の世界のような考え方である。
 ちょっと話が脱線してしまったので、元に戻そう。とにかく、少し日にちを置いてから修正すべき点を洗い出し、じっくりと修正してみることにする。まだ1ヶ月あるので、あわてることはない。できればもう1本くらい、別の問題を取り上げて書いてみるのもいいかもしれない。
 気の遠くなるような作業だが、今は我慢するしかない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/214-c7aa2324

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。