情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去問題の傾向から考える2

 午後2問題については「過去問題の傾向から考える(7/18記事)」で少し触れた。きょうはその続きとして、前回の平成11年~13年の"お題"にさらに4年分の"お題"を追加し、過去7年分を並べて俯瞰してみたい。ちなみに昨年(平成17年度)の問題と解答例は、すべての区分について、試験センターHPから入手できる。

 H11.問1 情報システム部門の役割の見直しについて
 H11.問2 ERPパッケージの導入計画の策定について
 H11.問3 システム開発における新技術の導入検討について
 H12.問1 インターネットをビジネスに活用する情報戦略について
 H12.問2 情報を共有し活用するシステムの計画策定について
 H12.問3 情報システムのパイロット開発・導入について
 H13.問1 情報戦略の策定について
 H13.問2 インターネットを活用した情報システムの計画策定について
 H13.問3 業務プロセスの再設計について

 H14.問1 ビジネススピードの向上を目指すIT戦略の立案について
 H14.問2 情報システムの全体構想の立案について
 H14.問3 統合型業務パッケージの導入計画立案について
 H15.問1 新規ビジネス立上げに必要な情報システム投資計画の策定について
 H15.問2 企業の枠を超えた業務プロセスの統合について
 H15.問3 ビジネスの変革のためのITの活用について
 H16.問1 業務評価指標を総合的に取り扱うシステムの立案について
 H16.問2 国内外でビジネスを展開する企業における情報システムの統制について
 H16.問3 部門間にまたがる業務プロセスの“あるべき姿”に基づいた改革の立案について
 H17.問1 情報システム部門の役割の変化に対応した人材の確保・育成計画について
 H17.問2 IT基盤の整備計画について
 H17.問3 中期経営計画の変更に対応した情報システム計画の見直しについて

 これだけ並ぶと、アナリストって凄い仕事なのだと思う。タイトルだけ見ると、例えばH11.問1とH17.問1に「情報システム部門の役割」があるように、過去に出題されたテーマと似ているものが再び出てくる場合がある。ただし問題文を読むと、出題者の意図するところが微妙に異なっているようで、やはりタイトルだけでは判断できない。「業務評価指標」などという受験者を驚かすような言葉が出てきた平成16年あたりから難易度が上がっており、非常に凝った問題というか、相当の経験がなければ書けない問題になってきている。ANに限ったことではないが、論文試験で言えることは、2度と同じ問題は出ないので、過去問題に沿って書いた準備論文をいかに本番でアレンジできるかが重要なポイントである。

 では、アレンジしやすい問題とは、どういうものだろうか。考えた末、私は次の2問を挙げてみた。
  H14.問2 情報システムの全体構想の立案について
  H15.問3 ビジネスの変革のためのITの活用について

 シスアナ経験が豊富にあれば、いろいろ選択の幅はあるだろう。しかし、私のような素人の場合、こうした一般的なテーマ、つぶしの効くテーマがアレンジしやすく、書きやすいと思われる。
 まずは、書いてみることだ。書かないことには始まらない。ブログの中であれこれ考えていてもあまり進展は無い。傾向分析は対策本の著者に任せておけばいいのだ。とにかく書いてみよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/211-d98bafd7

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。