情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融業界に広がった手数料0円の影響

 三菱東京UFJ銀行など大手行の間で、利用者が現金を引き出す際に手数料を払わなくてすむ現金自動預払機(ATM)を運営している東京スター銀行との契約を解除する動きが出てきた。利用者手数料を取らないATMが人気を集めれば、大手行側が東京スター銀に支払う手数料が増え、コスト増につながるとの懸念が強まったため。三菱東京UFJ銀のほか大手行や地銀も契約見直しを検討している。
【共同通信社:2006年09月02日】

 昨日、道を歩いていて、手数料なし!と宣伝されている東京スター銀行のATMをちょうど見かけたので、このニュースが気になった。利用者には、たった105円の手数料など気にしない人もいれば、絶対に手数料を払いたくないという人もいる。私はどちらかと言えば後者に近いが、手数料がかかる時間帯や休日にどうしても現金が必要になるときや、自分の取引先銀行のATMが近くにないときは、やむを得ず105円を払ってお金を引き出すこともある。それを思うと、手数料ゼロというのは、利用者にとって非常にありがたい仕組みにちがいない。
 しかし、ATM手数料は、金融機関にとって重要な資金である。その資金源が減ることになれば、企業経営にかかわる様々な影響が出てくることは十分に考えられる。東京スター銀行は“ファイナンシャル・フリーダム”と称して「お客様をお金の心配から解放する」という方針を打ち出しているが、何でも無料にすればいいというものでもないと思う。特に金融業というのは公共性の高い業界なので、あまりにも突出した事業を行う会社が出てくると、今回のニュースのような動きになってしまうと考えられる。「出る杭は打たれる」のである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/209-a7244ae1

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。