情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後1対策 H15_問3

平成15年度 問3 百貨店における業務改革立案とシステム化構想

 A百貨店の衣料部門が“顧客ロイヤルティの向上と利益の確保”を目的とする全社戦略に基づき、粗利益率の高い自主販売商品の取扱数量を拡大し、収益構造を改革するための商品戦略及び業務改革プランを立案するケースである。

問題文の構成
1章〔A百貨店の衣料部門の現状と課題〕
2章〔衣料部門の商品戦略〕
3章〔業務改革及び次期システム化構想〕
   ・事前調査
   ・業務改革プラン

設問の主旨
設問1
 (1)発注予定数量を取引先に伝えるために商品バイヤが行うべきことを具体的に述べよ。
 (2)発注内容を確定する時点で留意すべきことを具体的に述べよ。
設問2
 全社の商品管理体系を統一し、自主販売商品と委託販売商品を整理した理由を組織運営面から述べよ。
設問3
 自主販売商品について、商品部バイヤが主導権をもって一括管理する理由を二つ述べよ。

解答例 :システムアナリスト過去問題&分析〈2005年版〉から引用
設問1
(1)前週末日曜日までの売上集計の実現で、単品ごとの2週間先の販売予測精度を向上する。
(2)発注した商品の仕入条件、店舗別販売数から利益率・額を予測し、トレース可能とする。
設問2
(1)自主商品の管理機能を商品部へ、委託商品を店舗へ分け、各々の売上・利益の達成責任を的確に評価するため。
設問3
(1)全店の商品の動きを把握することで、販売予測の精度を高め、欠品による販売機会ロスや過剰在庫を防ぐため。
(2)全店一括大量仕入れによるスケールメリットを生かし、取引先との仕入条件などの交渉を有利に運ぶため。

Pman 解説
 前回と同じように、私の作成した解答を、上の解答例と比較してみる。
【私の解答】
設問1
(1)週末の単品ごとの売上数を、日曜日を含む前週末までに集計し、把握しておくこと。
(2)各商品の販売計画と販売実績の差異を分析し、仕入条件や発注数量の妥当性を確認する。
設問2
(1)商品群単位での全店舗の売上動向を把握し、全社としてのスケールメリットを発揮するため。
設問3
(1)自主販売商品の粗利益率は取引先との商談時に決定するため、商品部バイヤによる売上・利益管理が必要である。
(2)一部の自主販売商品は全社管理を行うため、店舗マネージャではなく商品部としての管理が必要になる。

 百貨店のマーチャンダイジングを取り上げた事例である。解答例と私の解答を比べてみたところ、今回は、全体にあまり出来がよくなかった。
 設問1(1)は、具体的に述べよと要求されているので、「単品ごと」「前週末までの集計」「日曜日」は含めたが、「2週間先の販売予測」が無かったので減点だろう。設問1(2)は、これも具体的に述べよと言われているので、私の答え「妥当性を確認」では具体性に欠けている。また、計画と実績の差異を分析というのももっともらしいが、よく考えてみると設問で求められている「留意すべきこと」ではない気がする。ここは「利益予測」と「トレース」がポイントになる。
 設問2は、問題の読み違えであった。自主商品と委託商品を分ける理由を知識ベースで問われていることに気づかなかった。じつは「責任の分界」という言葉が一瞬だけ頭をよぎったのだが、設問にある「全社」「統一」「組織運営面」に惑わされ、「全店舗の把握」「スケールメリット」を書いてしまった。これは設問3に書くべき内容である。
 設問3は、一括管理する理由に着目すべきところ、私は設問の「商品バイヤが主導権をもって」に幻惑されてしまった。解答例のように「全店の把握」「販売機会ロス」「過剰在庫」「一括」「スケールメリット」「交渉」などのキーワードをしっかりと入れていくべきだろう。私の解答でも、もしかしたら部分点はもらえるかもしれないが、システムアナリストの視点としては弱いので、あまり期待できない。

コメント
 問2が意外にできたので、調子にのって問3をやってみたが、そう甘くないことがわかった。今回のように、設問3で答えるべき内容を設問2に書いてしまう、というケースがたまにある。この場合、設問2だけでなく設問3も不正解になる(必然的にそうなる)ことが多いので、かなり得点が低くなってしまう。まだまだ修行が必要と感じた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/207-77767648

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。