情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文試験の傾向と対策

1.システム管理(SM)午後2の傾向
 15年度、16年度と2回受けているが、以前に比べると出題の内容が濃くなったというか、問題文に設定されているような経験がないと書きづらい内容に変わってきたという印象がある。問題の意味するところは理解できても、書くべきネタを持っていないと簡単には書けない。3問中どれか1問くらいは自分の仕事や経験に近い、何かしら書ける問題が出るだろうと楽観的に考えてもいるのだが・・。傾向を分析しても無駄とは思わないが、過去の問題と似たような問題が出る可能性は低いだろう。結局は自分でよく考えて準備し、準備論文を本番の試験問題に適合させる力を養うことになる。

2.システム管理(SM)午後2の難易度
 これは人によって異なるだろうし、年度によっても変化するだろうから一概には言えない。だが、合格率は毎年7%前後であり、個人的には「意外に難関かもしれない」と思う。プロジェクトマネージャ(PM)やアプリケーションエンジニア(AE)と単純に比較はできないが、これらの区分とはまた違った視点で書かなければいけない。一般的な難度としては、PM>AE>SMなのかもしれないが、そういう先入観を持って試験に臨むと落とし穴にはまる可能性が高い。ちなみに論文のある試験区分について、私の対戦成績は、PM→3敗、AE→1勝1敗、SM→2敗、合計1勝6敗である。(大相撲に例えると、あと2敗で負け越しという窮地なので、巻き返しを図らねば・・)

3.現状と今後の対策
 現在、障害管理、性能管理など柱となりそうなテーマは準備中である。昨年の自分の準備論文をもう一度読んでみると、やはり書きっぷりが甘い。論文の形式にはなっているものの、内容が薄いうえに論旨がぼやけている。そういった目で自分の書いたものを評価できるようになったぶん、少しは成長したのだろうか。今後は書いた論文に対して推敲を行い、その概要だけでもこのブログで報告していきたい。そこまで辿り着くことができるかどうか。。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/19-1b39c54a

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。