情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナリスト初体験

 前回の記事に取り上げた「経林本」を少しずつ読んでいる。午後1優先と言いたいところだが、じつは午後2も気になったので、まず論文サンプルにざっと目を通してみた。今回購入した2005年度版は、平成14~16年度の3年分の午後1と午後2問題に加えて、平成11~13年度の午後2問題が掲載されている。もちろん解答例(内容の良し悪しはまだ不明)もあるので、教材としては十分に使えそうかなと思う。私の性格上、時系列でやっていかないと何となく気持ちが悪いので、まず平成11年度の午後2の問題と論文例、解説を読んでみたところである。はじめてアナリストの問題に接した感想
 こりゃ相当手ごわいぞ・・
 職務上、普段から経営的なものの見方をしている人ならば、わりとイメージが描きやすいだろうが、私の場合はSEとPMの間をウロウロしている技術者(=意味不明)なので、ANの論文に書いてある内容はかなり敷居が高いと感じてしまうのである。この時点で、これから相当多くの努力が必要になることは火を見るよりも明らかだった。はじめから論文など読まなければよかったのか。それとも、たまたま難しいサンプルから読んでしまったのか。
 とにかく先に進んでみよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/187-bcc93b80

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。