情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データ分析&ベストプラクティス

 2006年サッカーW杯での日本の試合も終わり、資格試験のほうに意識を集中していきたいところである。まずは今後の計画をどうするか考えたい。計画的に勉強を進めることは大切だ。試験の日が決まっているということは、勉強できる時間も決まっているからである。では、限られた日数や時間で効率的な学習を行うにはどうすればいいのだろうか。これについては、資格取得のための効率的な勉強法(1/15記事)を参考にしてほしい。
 いつ、どんなテキストを、どのくらいのペースで、どのようにやっていくかという具体的な方法を、スケジュールに当てはめて考えていくのが普通の計画だろう。昨年は春と秋の2回とも、計画的に始めたのは試験の3ヵ月前からであった。春の試験は1月中旬、秋の試験は7月中旬あたりが本格的なスタート時期だったと記憶している。しかし今年は、初受験となるアナリストの難易度を考慮すると、6月下旬の今、これ以上スタートを遅らせたくない時期に来ている。
 次に、私の試験成績を分析してみよう。成績照会が可能になった平成16年春から5回の戦績は以下の通り。午前-午後1-午後2の順でスコアまたは評価ランクを示しており、600 - 600 - A が合格ラインとなる。

 × 平成16年春 SM 680 - 530 -
 × 平成16年秋 PM 690 - 645 - B
 ○ 平成17年春 SM 720 - 720 - A
 ○ 平成17年秋 PM 715 - 610 - A
 × 平成18年春 AU 685 - 440 -

 5回の実績値を見ると、午前はスコアの差(ぶれ)が720-680=40と安定した得点力を維持しているのに対し、午後1は何と720-440=280もの差がありスコアのばらつきが激しいことから、ここで明暗を分けているのがわかる。そして、午後2は悪くて「B」である。異なる試験区分の間で単純に比較はできないけれども、以上のデータから、私に関して一つの推論を導き出してみた。

 午後1を突破すれば道は開ける・・

 方針は決まった。午後1がカギを握っているのだから、そこから攻めるのがベストプラクティスと言える。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/185-75ecb233

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。