情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格して何が変わったか Part3

テクニカルエンジニア(システム管理) (SM)

 「仕様ミスで計算結果の一部が誤って出力されるのと、運用ミスでデータの一部が抜け落ちてしまうのでは、後者のほうが致命的だろう」という話を以前ユーザーがしていた。もちろん万事がそうとも言えまい。例えば預金口座の金額などは1円の狂いも許されないのだから。でも、私の経験上、運用ミスというのはすぐに表面化するし、放っておくと重大な障害になってしまうことが多い。こうした意味から、キャリアパスに沿って二種、一種、アプリと進んできた私は、次のステップ(PM)を目指す一方で、システム管理についても極めたいと考え、3度目の正直でやっと合格できた。
 SM取得によって、私は視野が広がった。システム開発中であっても、リリース前の移行作業とか、リリース後の運用のことまで考えて仕事を進めることができるようになった。一般に開発者というのは、自分の仕事の範囲を限定してしまい、担当外のことは知らぬ存ぜぬという人が多い。それはそれで責任の分界という意味ではまちがっていない。しかし、システム開発というのは、いずれ運用されることを前提に行われるのだから、運用のことも知っておく必要がある。
 私の場合も運用に足を突っ込んだ挙句、開発後の保守フェーズまで含めて面倒を見る羽目になった。保守フェーズなんて言うと聞こえはいいが、要するに潜在バグの尻拭いとか運用改善などである。非常に地味な仕事だと思う。しかしながら、ブログの「合格時の再現論文」でも示したように、重大な障害が発生したとき、システム管理エンジニアの役割は極めて重要になる。単に障害の解析や切り分けができるといった技術的なスキルだけでなく、組織の内外で人を動かし、障害による被害・影響を迅速かつ最小限に食い止めるといった高度な管理スキルが求められる。管理者としての視点は、仕事ではもちろんのこと、次の資格取得に向けても大いに役立った。

プロジェクトマネージャ (PM)

 4回目の挑戦でようやく合格証書を手にしたとき、ただの紙切れにしないように頑張ろうと思った。もう多くの人は気づいているだろう。情報処理技術者試験は、持っているに越したことはないが、持っているだけではあまり意味がない資格だということを。私は今までいくつかの資格を取得したが、どれも持っていて「損」はない。でもうまく使わなければ「得」もない。車の免許と同じで、車を使ってはじめて価値が生まれる。ペーパードライバーでは何も生み出せない。
 PM合格から約半年たつが、何が変わったかと言うと、自分としてはあまり大きな変化は無いと思っている。プロマネは私の本職ではない。私はプロジェクト責任者ではなく、開発から運用までを縦横無尽に渡り歩くプレーヤーである。プレマネ(プレーイング・マネージャー)と呼んでもいいが、実際のところマネジメント的な仕事の比率は30%くらいか。微妙な立場にいることはお分かりいただけると思う。だがこういう立場も悪くない。もし100%管理という仕事だったらつまらないだろう。30%くらいがちょうど良い気がする。
 しかし、プロジェクトマネージャを取った以上、今の状態のままでは少しもったいないかなと思う。私は試験勉強の過程でいろいろなことを習得したが、これを実務に活用していかないと宝の持ち腐れになってしまう。宝とは合格証書のことではなく、勉強によって身につけた体系的な知識のことである。折しもIT業界はプロマネ不足と言われているようだ。会社が技術職に取らせたい資格のトップでもあるらしい。こうした状況を考えると、自分の仕事のやり方を一度見直し、プロジェクトマネジメントの要素を増やしていく必要が出てくるかもしれない。本音を言うと、プロジェクトの全体責任者など私には荷が重すぎると感じているが、そうなる日がいつか来るとしたら、受け入れるだけの心の器を用意しておきたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/182-2e5c65c5

副収入でゆとりある生活を実現できるサイト発見

もう少しお金があれば!お金が足りなくて欲しいものが買えない!そんな人に見て欲しいサイトを発見しました。ここで副収入をゲットして、欲しかったものも家族の幸せもまとめてみんな手に入れましょう。とにかくまずは確認したほうがいいですよ。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。