情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・雑誌の紹介(レビュー)

 前回2/15の続きで「日経システム構築」の読後レビューを書いてみる。ただし、レビュアーとして何ら資質のない一個人の雑感と思っていただきたい。

 2月号は、ディザスタリカバリという大々的な特集で始まる。昨年は台風や地震など大きな災害に見舞われた年で、サーバが水没する、バックアップデータが使えないなど、各地で様々なことが起きた。苦労の末、ようやく復旧にこぎつけたという企業の生々しい事例が数多く掲載されている。コンティンジェンシープランの大切さや、実際に被災した場合に心掛けるべきことがよく理解できた。
 現場の選択「リッチ・クライアント開発ツール」の記事も興味深かった。各企業が、Webシステム開発において、リッチ度とコストのバランスを考慮し、どのような理由からツールを選択したのかが詳しく掲載されている。製品仕様の比較表も参考になる。

 ほかにも注目すべき記事はあったが、紹介はこの程度にして、感想にはいろう。全体的には、”現場のSEを徹底サポートする”とのキャッチフレーズ通り、事例を中心としたノウハウ紹介という感じがする。前回2/15の記事へのコメントにある通り、内容が薄そうと言われればそんな気もする。が、おそらく読み手の職種とか立場などによって、感じ方は違ってくるものと思われる。「日経コンピュータ」は、幅広い分野にわたって最新技術の動向や専門的な解説などを掲載するオールマイティーな雑誌だと思う。これに対して「日経システム構築」は、現場の技術者が仕事を進める上での問題を解決するためのヒントを与えてくれそうな雑誌だと思う。前者は年26回、後者は年12回の発行で、1冊あたりの価格は後者のほうが少し高いようだ。ちなみに「日経システム構築」は今月2月号を誌面刷新号と称して、7つの新連載がスタートしている。
 既に「日経コンピュータ」を購読している人にとって、「日経システム構築」は少し物足りないかもしれないが、初めて日経の雑誌を購読する人や月1冊で十分という人なら「買い」だろう。

日経システム構築 トップ URL
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/SI/
日経BP社 雑誌案内 URL
 http://www.nikkeibp.co.jp/magazine.shtml

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/17-42705f21

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。