情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳選!午前問題23回目

◆情報セキュリティアドミニストレータ午前平成16年問35

 JIS X 5070(ISO 15408:情報技術セキュリティ評価基準)に関する記述のうち,
適切なものはどれか。

 ア 開発と並列して評価はできず,評価対象となる製品の開発が完了してから,
  評価を開始する。

 イ 情報資産に損害を与える危険性として,機密性,完全性を損なうだけでは
  なく,可用性を損なう脅威も対象としている。

 ウ 評価対象となる製品は,要件定義,概要設計,詳細設計を行った後にプロ
  グラム開発を行う,ウォータフォール型開発方式に従わなければならない。

 エ 保証維持の基準は含まれないが,セキュリティ要件や環境の変化などに伴っ
  て行われる評価済み製品の再評価の手順を対象範囲としている。

【解答】 イ

【解説】
 下記参照
  セキュリティの標準規格「ISO 15408」

【コメント】
 情報セキュリティに関するコンテンツは限りなく存在しているが、これだ!という記事を探すのは容易でない。上のリンク先に概要のようなものがあるので、とりあえず一読してみるといい。ISO関連は、かなり出題の確率が高いと思っていい。確実にマスターしておこう。


【本日の宿題】

◆テクニカルエンジニア(ネットワーク)午前平成17年問23

 マルチリンク手順に関する記述のうち,適切なものはどれか。

 ア 複数の回線を並列に接続したときに,それぞれのデータリンクで信頼性を
  高めるプロトコルである。

 イ 複数の並行するデータリンク間の中継機能を提供するプロトコルである。

 ウ 複数の並行するデータリンクを一つの論理的なデータリンクとして扱う
  プロトコルである。

 エ 物理的に 1 本の回線を,論理的に複数のデータリンクに分けて使う,回線
  多重化プロトコルである。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/156-492447c6

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。