情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳選!午前問題22回目

◆テクニカルエンジニア(システム管理)午前平成17年問45

 情報システムにおけるデータのオーナに相当する部門として,適切なものは
どれか。

 ア システム及びデータの維持管理を行っているシステム運用部門

 イ システム部門に開発,運用及び保守を委託している業務の主管部門

 ウ データのインテグリティを保証し,必要に応じてデータ内容の訂正を行う
  保守部門

 エ データを取り扱う画面や帳票のレイアウトを決定する利用部門

【解答】 イ

【解説】
 データオーナとは、データの内容や管理に責任を負う部門のことを指す。例えば、会計データであれば経理部門、出荷データであれば物流部門など、業務主管となっている部門が考えられる。

【コメント】
 本問と似た問題がシステム監査でも出題されているので注意が必要。実際の仕事では「エ」の利用部門がオーナの場合もあるかもしれない。考えようによっては他の選択肢と迷ってしまうが、こういう問題が出たらイを選ぶものと覚えてしまえばいい。


【本日の宿題】

◆情報セキュリティアドミニストレータ午前平成16年問35

 JIS X 5070(ISO 15408:情報技術セキュリティ評価基準)に関する記述のうち,
適切なものはどれか。

 ア 開発と並列して評価はできず,評価対象となる製品の開発が完了してから,
  評価を開始する。

 イ 情報資産に損害を与える危険性として,機密性,完全性を損なうだけでは
  なく,可用性を損なう脅威も対象としている。

 ウ 評価対象となる製品は,要件定義,概要設計,詳細設計を行った後にプロ
  グラム開発を行う,ウォータフォール型開発方式に従わなければならない。

 エ 保証維持の基準は含まれないが,セキュリティ要件や環境の変化などに伴っ
  て行われる評価済み製品の再評価の手順を対象範囲としている。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/155-9b29397d

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。