情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳選!午前問題4回目

◆情報セキュリティアドミニストレータ午前平成17年問30

 情報漏えいに関するリスク対策のうち,リスク回避に該当するものはどれか。

 ア 外部の者が侵入できないように,入退室をより厳重に管理する。
 イ 情報資産を外部のデータセンタに預ける。
 ウ 情報の重要性と対策費用を勘案し,あえて対策をとらない。
 エ メーリングリストの安易な作成を禁止し,不要なものを廃止する。

【解答】 エ

【解説】
 ア:リスク低減(リスク最適化)
 イ:リスク移転
 ウ:リスク受容(リスク保有)
 エ:リスク回避

【参考】YOMIURI ONLINE(読売新聞)情報セキュリティ入門 : リスク対応

【コメント】
 今年の春から、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)(SV)という新しい試験が始まる。今やセキュリティ無くして情報システムは成り立たないと言っても過言ではなく、そうした時代のニーズに応じた動きと考えられる。さて、上記の問題は、情報セキュリティアドミニストレータ(SU)(いつの間にかSSからSUに変わった)で前回出題されたものだが、リスクに関する知識は、セキュリティ技術者に限らず、すべての技術者や管理者に必要であろう。


【本日の宿題】

◆AN/PM/AE共通午前平成17年問18

 プログラムの構造化設計におけるモジュール分割技法に関する説明のうち,適切なものはどれか。

 ア STS 分割は,プログラムをデータの流れに着目して分割する技法であり,
  入力データの処理,入力から出力への変換及び出力データの処理の三つの
  部分で構成することで,モジュールの独立性が高まる。

 イ TR 分割は,プログラムをデータの構造に着目して分割する技法であり,
  オンラインリアルタイム処理のように,入力トランザクションの種類に
  応じて処理が異なる場合に有効である。

 ウ 共通機能分割は,プログラムをデータの構造に着目して分割する技法で
  あり,共通な処理を一つにまとめ,共通モジュールとする。

 エ ジャクソン法は,プログラムをデータの流れに着目して分割する技法で
  あり,バッチ処理プログラムの分割に適している。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/131-934397fe

リスクマネジメントとすすめ

リスクマネジメントの情報、ノウハウ!ライフリスクから企業リスクまで、リスクマネジメントを紹介!
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。