情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・管理者の立場とは

 3日前の続き。。システム管理者としては、まずユーザから提示された要件がどこまで実現可能かどうか、あるいは現実的かどうかを判断する必要がある。判断要素として、ヒト、モノ、カネという切り口が考えられ、これらの中で主としてモノについて実現方法を検討するのがシステム管理者の仕事だと私は思っている。具体的には、システムを構成するすべてのモノ、例えばサーバ、端末、回線、データなどの資源を洗い出すことになる。一方、ヒトやカネの見積りや調達についてはPM(プロジェクトマネージャ)、個別業務の分析はAE(アプリケーションエンジニア)の守備範囲と言える。
 SM(システム管理エンジニア)は、要件定義の段階で、PMやAEはもちろん、他のテクニカルエンジニアとも協力して作業を進めることになる。特に最近は、情報システムにおける投資効果が注目されており、SMの観点からもカネの検討が必要になる。
 今度のシステムは「多少のコスト増加はやむを得ない」と言いながらも、青天井というわけにはいくまい。コストの限界点をどこに設定するかがカギとなる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/13-17fd359f

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。