情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳選!午前問題1回目

 情報処理試験の午前問題はマークシートによる選択式である。この方式は大学入試のセンター試験をはじめ、あらゆる試験で使われている。メリットは何と言っても大量の答案用紙をコンピュータで素早く採点できることだろう。情報処理試験の場合、最近ではIRT(Item Response Theory:項目応答理論)を導入するなど、技術を駆使している。ところで、午前試験について受験者は、どのように対応すればいいのだろうか。たぶん多くの人は、過去の問題をとにかく数多く解いてみる、という方法を取るにちがいないし、私もそう思う。出題範囲はそれなりにある。したがって数をこなせば、誰でもある一定のレベルに達することは可能だと思う。
 ところが、近年、少し様相が変わってきたと感じている。午前が難しい、午前で思ったより得点できない、足切られた、という話をよく聞くのである。これは一体どういうことなのだろうか。たしかに出題するほうも、毎回同じ問題ばかり出すわけにもいかないし、いろいろ工夫しているはず。例えば、情報セキュアドに出していた問題をAN/PM/AE共通で使いまわすとか、選択肢の文言を微妙に変えてみるなど・・。こうした出題の変化に対し、我々は柔軟に対応する必要がある。
 きょうから、午前問題のなかでも特に私が目をつけた問題を取り上げ、ポイント等をまとめていきたいと思う。

【本日の宿題】

◆テクニカルエンジニア(ネットワーク)午前平成17年問19
◆AN/PM/AE共通午前平成17年問28

 ITIL(Information Technology Infrastructure Library)では,利用部門が業務要件に合わせて必要な IT サービスをいつでも利用できるように,運用管理部門の管理業務プロセスとして可用性管理を定義している。可用性管理プロセスの業務に該当するものはどれか。

 ア IT サービスが中断した際の迅速な対応と復旧
 イ IT サービスに必要なサーバの処理能力の確保
 ウ 障害の予防
 エ 利用部門からの問合せへの対応

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/128-cec3e443

ITIL関連ウェブログ/2006-02-03

厳選!午前問題1回目 | 情報処理技術者試験☆合格への道 情報処理技術者試験・午前問題の昨年出題された過去問で、ITILの可用性管理プロセスに該当する業務を4つの選択肢の中から選ぶ問題。...
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。