情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格取得のための効率的な勉強法

 効率的な勉強法は、ない
 なんて言ってしまうと、ここで話しは終わってしまう。でも私は、本当に無いと思っている。短い期間で要領よくやろうとしても限界があるし、どんな試験でも、必ずある一定以上の勉強量を消化しないと、良い結果は出ないと考えている。合格への道は、近道でも花道でも王道でもなく、地道な努力を続けることだと信じている。
 しかし、実際には多くの人が「仕事が忙しくて、勉強する時間を十分に取れない、限られた期間と時間で、効率よくできないものか・・」と思っているのではないだろうか。そこで、私の経験に基づき、効率化のポイントをいくつか挙げてみたい。

1.すきま時間を有効に利用する

 例えば、通勤途中、仕事の合間、昼休みなど、少しでも時間を使えるときに使う。私の場合、通勤途中は貴重な時間となる。午前の選択式問題を解くのは、ほとんど電車の中である。満員で座れないときは、ドアのすぐ横の手すりに寄りかかり、問題集を開くスペースを確保する。午後1の記述式問題を解くときは、問題集を台紙にして、A4の白紙を四つ折りしたもの(もちろん裏も使う)に答えを書いていく。乗車時間は1時間くらいなので、午前問題なら20問程度、午後1なら1問、答え合わせを含めて勉強した。さらに電車を待っているときなども、たとえ1~2分でも時間があれば午前の問題を1~2問解いた。このようなやり方で、効率アップできたと思う。

2.最適な反復タイミングを知る

 一度やったテキストや問題集を二度くり返してやるのは多くの人がとる方法だろうと思う。でも、こんな経験はないだろうか。最初にやって覚えたはずの内容を、二度目にやると忘れている、という経験だ。では覚えるまで三度でも四度でもやればいいかというと、それでは効率が悪い。一体どうすればいいのか。人間の記憶というのは、時間がたつと薄れていく。だから、薄れないうちに復習する必要がある。私の場合、午前の選択式でできなかった問題は、翌日にもう一度やってみることにしている。翌日というのがポイントだ。当日だと間違えようがないし、1週間後だと暗記的な要素が濃い問題(例えば法規など)になると忘れている場合が多い。でも、翌日なら、一晩たっても覚えていたという実感が持てる。

3.完璧より80%を目標にする

 本に書いてあることは漏れなく身につけようという意気込みがあっても、完璧を目指すのは効率がよくない。たしかに好奇心が旺盛な人になると、本に書いてないことまで詳しく調べないと気が済まない場合もあるだろう。このように重箱の隅を突付くぐらい貪欲なほうが、技術者としては伸びる可能性が高い。しかし、試験勉強に関しては、少しくらい理解できないところがあっても、先に進むほうが効率的だと私は思う。私の経験上、80%マスターできれば十分である。合格レベルを70%として、さらに10%向上というのがもっとも現実的な目標だろう。

4.関連分野をついでに勉強する

 問題集には大きく分けて2種類ある。1つは、出題分野のカテゴリ別に章立てしているもの。例えば、午前問題でいうと、システムの開発と運用、セキュリティと標準化、情報化と経営・・などという感じである。もう1つは、過去の問題を時系列に並べたもの。平成14年度、15年度、16年度・・という章立てである。さて、どちらを使うべきか? 効率化という観点から言えば、私は前者のほうがいいと思う。各カテゴリの知識・キーワード等は、断片的に覚えるよりも、カテゴリ単位にひっくるめて体系的に理解するほうがいい。何かを学んだら、それと関連する知識もついでに吸収することにより効率アップが図れるからだ。ちなみに年度別の過去問題集などは、時間を計って解答の訓練をするのに向いている。

5.アウトプット学習を重視する

 私は、テキストをじっくり読むという作業が苦手である。読み始めて少したって気がつくと、ただ字面を目で追っているだけで、頭の中では別のことを考えたりしていた、なんてことがよくある。しかしインプット学習は必要である。インプットがないとアウトプットできないからだ。ただし、インプットに多大な労力と時間をかけるべきではないと思う。情報処理試験の勉強は、吸収した知識をベースに、実際に問題を解くのが最も効果的(むしろ必須)である。このことは、合格した人の多くが感じているのではないか。読む勉強より書く勉強、アウトプット重視でいこう。

6.論文ネタは日頃から収集する

 午後2が論述式の試験では、よほど優秀な人でない限り、何も準備せずに本番の2時間で2400字以上の論文を書くことは不可能である。だから、何かしらの方法で事前の準備をすることになるが、論文ネタというのは、いざ考えようとしてもなかなか浮かんでこないものだ。仮に浮かんだとしても、今一つ論点が曖昧だったり説得力に欠けたりする。理想としては、普段の仕事をしている時に「あ、これはネタになりそう」と感じたことをメモしておき、あとで勉強時間にそのメモから論旨を展開してみる、という方法がいい。論文ネタのバリエーションが増やせる、リアリティのある文章が書きやすいなどのメリットがあり、試験対策としての効率は格段にアップする。

7.よく考えて学習計画を立てる

 以上に挙げたポイントを意識して学習計画を立てることが大切である。例えば、1と2を組み合わせて、会社帰りの通勤電車で選択式問題を解き、翌日の朝の電車では前日の復習をやる。あるいは、4と5を組み合わせて、午後1の問題をひととおり解いた後、二回目は弱点と思われるカテゴリだけに絞って集中的にやる。こうした工夫点を学習計画の中に組み込めば、もう試験対策は半分終わったようなものである(←これはちょっと言い過ぎかもしれないが、開発プロジェクト同様、計画は大切である)。

 以上は、長年の経験によって裏打ちされた勉強法のノウハウである、と自信をもって言える。少しでもお役に立てば幸いである。

 そろそろ春試験の申し込み受付、だな。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/124-125913c4

加速成功 USP あなただけの強み 自己啓発 能力開発 成功 幸せ

突然のトラックバックにて失礼致します。自動化効率化ツールにご興味のある方は私のサイトをご覧見ていただければさいわいです。

情報処理技術者試験

情報処理技術者の資格取得の順番

資格の集合サイト【バリュースタイル】

資格スクールの総合情報サイトです。興味を持った各資格スクールの資料請求が全て一括
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。