情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイドブックについて

 試験センターのサイトに「ガイドブック(平成17年12月版)」が掲載された。次のURLから参照できる。
 http://www.jitec.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hani_sukil.html

 138ページにもなる資料であるが、試験区分の詳細について全区分ごとに記載しているためこれだけの分量になっている。目次は以下のとおり。
  1.情報化社会に期待される情報処理技術者
  2.情報処理技術者試験とは
  3.情報処理技術者試験の試験区分
  4.情報処理技術者試験の特徴、制度
  5.情報処理技術者試験区分の詳細
  6.合否判定等に関する情報
  7.解答例・配点割合
  8.試験委員会
  9.試験の運用

 これら項目だけ見ると特に珍しいものはなく、今までに公表された各種の情報を網羅的に整理した感じである。ただし、項番5に関しては、試験区分ごとにかなり詳しく説明されており、初めて試験を受ける人にとっては有難いものだと思う。私もまだ全部は読んでいないが、来春受ける予定のシステム監査のところをさーっと斜め読みしてみた。
 ところで、当ブログの記事としてわざわざ取り上げたのには理由がある。ガイドブックの所々に織り込まれているコラムが面白かったからである。1つずつコメントを書いておこう。(カッコ内の数字はPDFファイルのページを示す)

縦書き (24/138)
 なんと論文を縦書きで書いた受験者がいたという話。たしかに横に書けという指示は無いので採点の対象にはなったようだが、合否については不明という。けれども、こういう変わった人が合格してしまうのは、いかがなものかと個人的には思う。

全て成功プロジェクト? (31/138)
 PM試験において、最終的にプロジェクトは成功した、全く問題なし・・というふうな論文に疑問を感じるという話。そりゃそうだ。むしろ、うまくいかない場合のほうが多いのだから。これは同感。設問ウの書き方に気をつける必要がある。

○印 (54/138)
 午後の問題で折角きちんと解答しているのに、選択した問題番号に○印を忘れる受験者が意外にいるという話。もったいないの一言につきる。そういう私も、試験が終わった直後に不安になったりするが。

国語の問題 (68/138)
 午後1の試験は、問題文からキーワードを探して答えさせるような単なる国語の試験ではないという話。限られた時間内で解答するためのテクニックとして、私はキーワード抽出が重要と思っていたので、この話は考えさせられた。状況の理解力や判断力が問われているのだろう。

犬の有無 (93/138)
 論文試験において、システムとは何ら無関係と思えた「犬」に関する記述が、経験に基づいたことの確証になったという話。こういう論述ができる人はうらやましい。奇をてらうというのでなく、自分が経験したことを素直にかつ忠実に書くという基本スタンスが大切。

テンプレート (111/138)
 PM試験において、論述の対象とするプロジェクトの概要(テンプレートと呼ぶ)も採点の対象になるので、正しく書いて欲しいという話。こんな事をわざわざ言うということは、いい加減に書いている受験者が多いことを物語っていると思われる。

大臣は誰? (112/138)
 こういう統計資料はあまり見たことが無い。どういう目的で順位付けしたのかわからないが、大臣の名前くらい知っておこう、ということなのか。

モルモット (118/138)
 試験問題はこうして作られるという話。多くの委員が協力し、時間と労力をかけて完成していく様子がよくわかる。私もブログからモルモットみたいなことをしているが(笑)

 試験センターとしては、出題者や採点者の本音の部分をこうした形で明示したかったのではないか。こんなにオープンな取り組みは、昔では考えられなかったことである。こういう資料を作り上げることで、もっと多くの人に試験のことを知ってもらい、少しでも多くの人に受験してもらいたい、という気概が伝わってくる。あるいは、試験に関する情報が世の中に氾濫し、何ら根拠のない不確かな情報やうわさ話が一人歩きしたり誤った方向へ行きそうになるのを食い止めたかったのかもしれない。考えすぎかもしれないが、合格発表の直前になって公表するというのも何だか意図的なものを感じる。
 泣いても笑ってもあと5日。もう天に任せよう・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント



2006年1月10日(火)
新しいブログランキング「トプログ」がスタートします!

↓↓現在「参加ブログ募集中」です。
http://toplog.jp/?cid=hoso
──────────────────────────
▼▼▼▼▼▼▼ ブログ登録3大メリット ▼▼▼▼▼▼
(1)月間総合ランキング1位に10万円贈呈!
(2)週間総合ランキング「TOP20」のブログを毎週「各
   マスコミ・メディアにプレスリリース」致します。
(3)あなたのブログへのアクセス数が飛躍的にUP!
──────────────────────────
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↓あなたのブログも是非、参戦登録して下さい。(無料)
http://toplog.jp/?cid=hoso
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↑ パソコン・モバイルのどちらからでも登録可能です!


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/111-bbf841d3

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。