情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターゲットは伝統か新鋭か

 この1週間あれこれ調べた結果、私自身について次のように分析してみた。
 (AU:システム監査 SV:情報セキュリティ)
  --------  AU  SV
  現時点の能力-→  ×   △
  合格可能性--→  ×   △
  予想対策費用-→  △   △
  業務上の必要性→  △   △
  業務上の将来性→  ○   ○    
  自分の興味--→  ○   △
  学習の新鮮度-→  ◎   ○
  社会欲の充足度→  ◎   △
  取得後の満足度→  ◎   △
  ☆総合評価--→  ○   △

 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)は、どういった経緯で新設されたのか詳しく知らないが、社会的なニーズの高まりや情報処理試験制度そのものの見直しなど、いろいろな要素が相まって設けられた新しい試験区分ということらしい。「新しくできた試験の初回は合格しやすい」などと聞いたことがある。出題するほうも受験するほうも、いわば手探りの状態であり、問題の内容によって予想もつかない波乱が起きる可能性があるからだ。情報セキュリティアドミニストレータ試験がそうであったらしい。
 しかし分析の結果、春はシステム監査に挑戦してみようという意思が固まりつつある。結局は何を優先させてどういう目的で受験するのかにつきる。監査という分野は、特に経験もなければ基礎的な知識も何もない。ほぼゼロに近い状態から学習を始めることになる。これは、気が遠くなるような感じがする一方で、むしろ新鮮味があっていいかもしれない、とも思う。
 確かにSVは今から必至で頑張れば合格の可能性が少しはあるかもしれない、しかも新試験は狙い目という説もある。このトレンドを極めれば、対外的なイメージアップにつながるだろう。けれども、どうせ受けるならもっと歯応えのあるものを受けてみようという気概が、私の中でフツフツと沸き上がってきたのである。監査なんて昔は雲の上のような世界だった。ところが気がつくと、そういう世界に首をつっこんでもおかしくない年齢になっているではないか。システム監査。なんと重くて力強い言葉なのだろう。伝統さえ感じるこの道に少しずつはいってみよう。ただし一寸先も見えない厚い霧でおおわれた道である。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://smpman.blog3.fc2.com/tb.php/102-c6c30d8f

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。