情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011読書録『世界が感嘆する日本人』

 日本人の礼節さを再認識し、勇気が湧いてくる一冊。

世界が感嘆する日本人~海外メディアが報じた大震災後のニッポン (宝島社新書)世界が感嘆する日本人~海外メディアが報じた大震災後のニッポン (宝島社新書)
(2011/06/10)
別冊宝島編集部

商品詳細を見る

 東日本大震災による被害が大きくいまだ復旧の目処が立たない地域が多いらしい。だがその一方で、着実に復興への足場を築きつつ、立ち直りの兆しが見えているところもある。こうして落ち着きを取り戻したときになって、改めて震災直後の様子を振り返るメディアの風潮がある。国内では見えなかった日本人というものの本質が、海外ではどのように報道されたのか。それを国別にピックアップしたのが本書である。
 日本人があのような大惨事に遭っても冷静に秩序を保ち、暴動や略奪などを起こさず、助け合って被害を乗り越えていく姿は絶賛されたという点で、世界各国の見解はおおむね共通していた。だがよく読んでみると、国によって震災そのものや日本の捉え方にはこれほど違う点もあるのかと、私は軽い衝撃を受けた。米国、中国、台湾、韓国、EU諸国、それぞれお国柄や過去の日本との関係によって、災害に対する考え方、日本人を見る目、自国を省みる姿勢など、どの国も独特なものがある。特に、過去の歴史において日本と複雑な経緯のある中国と韓国のメディアが報じたニッポンは、これまでとはかなり違うイメージで捉えられたことがわかる。
 書物としてはやや表面的な感じもする。もっと深く知りたいと思ったエピソードもあった。しかし、この大震災のことを世界中が大きく取り上げる中で、自国と比較しながら国家としてあるべき姿を描いた点は十分に理解できるし、これからの国際社会に生きる我々には有用な情報源になると思う。
スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。