情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文講座-10-方針を決める

 評価ポイントの4つ目「論理の一貫性」とは、どういうことか。
 論文というからには、論理的に書く必要がある。例えば大学などでは必ず卒論というものがあり、その評価の基準は学校によってまちまちだろうが、きちんとした論理で書かなければ論文として認めてもらえないことは明らかだろう。だが、卒業論文の場合は通常、長い期間の研究を行いつつ十分な時間をかけて作成するので、論理的な文章に仕上げることは可能である。これに対し、情報処理試験の論文は、わずか120分という限られた時間しか与えられないので、初めての人にとっては、ただ書くだけでも相当ハードな作業になる。まして筋の通った論述をするなど、容易なことではない。

 一貫性とは、初めから終わりまで矛盾がないことを指す。例えば、設問アで「システム運用業務の効率を向上させるには、信頼性のある運用管理ツールの導入が不可欠である」と述べているのに、設問イで「運用管理ツールを使用した場合の効果が期待できないため、ツールの導入は行わないことにした」などと書いたらアウトである。こんなチョンボをするわけがないと思っていても、自分では気付かない部分に矛盾が生じることは意外にあるものだ。

 こういったミスを防ぐには、はじめに論文設計をしっかりと行い、それぞれの章や段落のあいだに不整合が発生しないかを事前にチェックするといい。もし不整合があったら、どこをどう直すべきか考えてみる。論文を書いたあとに修正することは難しいので、書く前に全体の方針を定め、その方針がぶれないよう慎重に書かなければならない。
 また、一貫性を保つために、同じ意味合いの言葉や文を随所に散りばめていくのもいい。ただし、あまりにも多く入れると逆効果である。

 次回へつづく。

スポンサーサイト

論文講座-09-素直な気持ちで

 評価ポイントの3つ目「記述内容の妥当性」とは、どういうことか。
 これは、出題の趣旨に沿っているかどうか、だと思う。適合性と言ってもいい。評価ポイントの1つ目「設問で要求した項目の充足度」が書くべき事項に着目するのに対し、3つ目の「記述内容の妥当性」は書くべき内容に着目する。どちらも重要なポイントであり、この二つのポイントを満たしてかつ指定の字数を超えれば、評価ランクがDになることはまず無いだろう。

 昔の論文試験は今よりも大雑把な出題になっていて、あらかじめ準備した論文をうまく使えば書けるものが多かった。しかし、最近は傾向が変わってきており、準備した論文が使えないような、制約条件の厳しい出題になってきている。このため、出題の趣旨を正しく読み取る力が必要なうえに、趣旨に合った内容を書かなければいけない。逆に言うと、趣旨に合わない内容はどんなに立派な内容であっても、書いてはダメということになる。

 正しく読み取る力と言っても、さほど難しく考えることはない。午後2の問題文は、大学入試の国語の問題みたいな長文ではなく、たかだか20行程度の文章なので、読むだけなら数分あれば読めてしまう。ただし注意したいのは、問題文の意味を誤解したり、拡大解釈しないようにすること。ちょっと自分の得意なテーマだったりすると、しめた!と思って急いで書いてしまうケースもあろう。しかし、それは非常に危ない。たとえ得意な分野や準備していた論文のテーマに近い場合であっても、最低2回は問題文を読み、出題者が求めているもの(意図)を理解することが大切である。これが、妥当性のある論文を書くための大前提と言えよう。

 記述内容の妥当性を確保するには、とにかく問題文に対して忠実に素直に書くこと。もっとも確実な方法は、問題文の一部を引用してしまうことだ。引用した部分のあとに「例えば・・」とか「具体的には・・」などと続けて書いていけば、出題の趣旨から外れることはないし、読み手にとってもわかりやすい論文となる。途中で脇道へそれないように、べったりと問題文に貼り付いて書き進めていこう。

 次回へつづく。

論文講座-08-具体的に述べよ

 評価ポイントの2つ目「論述の具体性」とは、どういうことか。
 これは、非常に重要なポイントになると考えてよい。なぜかと言うと、"具体的に述べよ"と設問にはっきり書いてあるからである。論文の中核となる設問イには必ずこの注文がつくし、システム監査の場合はさらに設問ウも具体的に述べなければならない。ちなみに"具体的"というのは"抽象的"の反対語にあたる。次の論文例を見てみよう。

 システム開発においては、利用者の視点を意識することが重要である。利用者にとって使いやすいシステムでなければあまり意味がない。このため私は、本格的な開発に着手する前に、ユーザ・インターフェースの再確認を行い、利便性の高いシステムの構築を目指すことにした。

 ざっと読むと特に問題なさそうだが、何となく抽象的と感じる人が多いのではないか。このあとに詳しい説明があるならまだいいが、これだけで終わってしまうと具体性に欠ける。読み手にとっては、なぜ意味がないのか? インターフェースって何? という疑問が生じる。いろいろな言葉を使うにしても、抽象的であいまいな言葉は注意して使わなければならない。では、修正してみよう。

 当システム開発の上流工程では、利用者の視点から検討することが重要である。その理由は、当システムの目的が業務効率の向上にあるため、使いやすいシステムでなければ意味がないからである。このため私は、プロトタイプを作成し、画面遷移や入出力項目などのユーザ・インターフェースを確認することにした。

 この例でわかるように、具体性を出すには、専門用語などのキーワードを埋め込んでいくのが確実だろう。もっと詳しく書くのであれば、上の文章の次に「具体的には、○○○・・・」と、さらに続ける。この手法は、非常に有効である。読み手からすると、「具体的には」のあとに何が書いてあるのだろうと、その続きを読もうという気になる。
 ただし、あまりにも詳しく書き過ぎるのはよくない。例えば、就職の面接で聞かれてもいないことを一方的にベラベラ話すのと同じである。自分の知識や経験をアピールすることも必要だが、調子に乗りすぎると、出題の主旨から外れてしまう恐れがある。この点は注意が必要だ。

 次回へつづく。

論文講座-07-要求を満たす設計

 評価ポイントの1つ目「設問で要求した項目の充足度」とは、どういうことか。
 設問は、ア、イ、ウの三つある。主に、設問アでは概要・目的・問題提起など、設問イではアで述べた事柄に対する具体的な内容・方法・施策・工夫点など、設問ウではイで述べた事柄への評価・改善点などが要求される。例えば、以下の設問を見てみよう。

-------- H17春 SM 午後2(問1)--------
設問ア
 あなたが携わった情報システムの概要と、発生したシステム障害の概要及び業務への影響について、800字以内で述べよ。
設問イ
 設問アで述べた障害に対し、究明された障害発生の根本原因は何か。また、その根本原因を取り除くために検討した、システム運用面からの再発防止策は何か。さらに、それらの採否をどのように決定したか。工夫した点を中心に、具体的に述べよ。
設問ウ
 設問イで述べた再発防止策について、どのように評価しているか。今後の課題は何か。それぞれ簡潔に述べよ。
--------
 この例で言えば、アでは概要・影響、イでは根本原因・再発防止策・採否決定方法、ウでは評価・課題がそれぞれ要求されていることになる。内容はともかくとして、これらの要求事項はすべて論文に入れていく必要がある。1つでも足りない場合は大幅に減点され、不合格になる確率が高いと考えられる。

 項目の充足度を満たすには、書くべき項目にアンダーラインを引くなどして抽出すればいい。書く内容を決める前に、書くべき項目を確認する。内容は自分で決めることになるが、項目は決められない。項目は、設問によって与えられているのだから、勝手に書くわけにはいかないのである。ただし、項目の抽出はさほど難しいことではない。設問ア~ウは毎年ほぼ決まった形式になっており、過去の問題に目を通しておけば、おおよその傾向は分かるからだ。抽出できたら、それを章立て即ち論文として設計するため項番をふる。例えば、1.概要、2.影響、3.原因、...といった具合だ。

 次回へつづく。

論文講座-06-評価の視点

 情報処理技術者試験は、平成16年度から個人の成績照会ができるようになったおかげで、不合格になった場合でも次回の試験への対策が立てやすくなった。ちなみにJITECが公表している論文試験の評価ランクとその内容は、次のとおりである。
  Aランク:合格水準にある
  Bランク:合格水準まであと一歩である
  Cランク:内容が不十分である
  Dランク:出題の要求から著しく逸脱している

 このうち「A」だけが合格となるが、毎回公開される分布表によると、ランク別の人数は意外にばらつきがある。大抵もっとも多いのは「B」であり、次が「A」、そして「C」と「D」は少なめになっている。試験センターで何らかの調整をするのか定かではないが、いずれにしろ、あと一歩の受験者がかなり多いことは確かと考えられる。
 ここで、平成16年からの私の成績を振り返ってみる。
  H16 春 SM:不合格 → 午後1
  H16 秋 PM:不合格 → 午後2 B

  H17 春 SM:合格  → 午後2 A
  H17 秋 PM:合格  → 午後2 A
  H18 春 AU:不合格 → 午後1
  H18 秋 AN:不合格 → 午後1
  H19 春 AU:合格  → 午後2 A
  H19 秋 AN:不合格 → 午後1
 こうしてみると、H16秋の不合格が、私にとって大きな転機だったと思う。自分の論文は、なぜ「あと一歩」だったのか、何がいけなかったのかを真剣に考えるようになったからだ。それ以降、自己分析と研究を重ね、"あと一歩"踏み込むことができるようになった。では、私はどこに着目したのか。それは、次のとおりである。

  1.設問で要求した項目の充足度
  2.論述の具体性
  3.記述内容の妥当性
  4.論理の一貫性
  5.見識に基づく主張
  6.洞察力・行動力
  7.独創性・先見性
  8.表現力・文章作成能力

 以上の項目は、試験センターHPの「成績照会について」に評価の視点として書かれている。このうち、最後の文章作成能力については今まで述べているが、ほかの項目についても考えてみよう。

 次回へつづく。

祝!ブログ開設3周年

 きょう1月10日は、我がブログにとって3才の誕生日となる。この世に生まれたときはどうなることかと思ったが、よくここまで成長できたと我ながら感心している。"石の上にも三年"とか"継続は力なり"などと言われるように、一つのことを長く続けると、大きなパワーや価値を生み出すものだと思う。また、この3年間のうちに私が3つの栄冠を勝ち取ることができた要因はブログにあったと言っても過言ではない、と感じている。ブログがあったからこそ、モチベーションを保つことができ、勉強を続けてこれたのだと思っている。訪れていただいている方々にはあらためて感謝したい。

 アクセスありがとうございます。
 これからも宜しくお願い申し上げます。


追伸
 国家試験トラコミュの管理人をしております。名前だけですけど(笑)
 こちら↓から応援クリックをお願いします
 state88_31_nf.gif


論文講座-05-適切なことばを使う

 書けない原因の3つ目(語彙が少ない)を解決するには、どうすればいいか。
 一口に語彙と言っても、二通りある。一般的な言葉(熟語)と、専門用語である。これらは自動車の両輪のような関係にあって、バランスよく使わないと車はうまく走らない。例えば、次のような文章を書いたとしよう。

 私はソフト会社に勤めるエンジニアであり、主に設計をしているが、時には顧客の話を聞いて設計書を作ることもある。この仕事では、今までの長い間に設計した仕事を活かして何人かをまとめるリーダーをすることになった。

 これはかなり極端な例であるが、語彙が少ないとこんなふうに意味がわかりづらい文になってしまう。読み手の立場になると、何のエンジニアなのか? どんな設計なのか? リーダーと言ってもいろいろあるが? などの疑問が生じるだろう。ここで挙げた例は、論文でいうと設問アで書くような内容であり、第一印象を良くするためにも重要な部分なのである。では、修正してみよう。

 私は、ソフトウェア企業に10年間勤める汎用系システムエンジニアであり、主に要件定義や外部設計などを担当している。長年の経験を買われ、今回の開発では、会計サブシステムのリーダーとして参画することになった。

 こうすれば論文らしくなる。顧客の話を聞いて設計書を作ることは「要件定義」「外部設計」という専門用語で書けるし、「汎用系(ほかにオープン系)」とか「サブシステム」といったIT用語も使えるものは使ったほうがいい。また、何気なく使っている「経験」とか「参画」という一般的な言葉もいい。

 語彙を増やすには、日頃から多くの活字を読み、吸収した言葉はなるべく早めに使ってみるのが最も効果的である。インプットとアウトプットのくり返しにより、語彙は確実に増えていくだろう。ただし、あまり一般的でない言葉は書くべきでない。一般的かそうでないかは、多くの文章でお目にかかる頻度によって見分けられると思う。質のいい文章をたくさん読んで、獲得した言葉を正しく使えるようになれば、論文は書ける。

 次回へつづく。

初詣の日

1月4日(金)
 冬晴れのすがすがしい朝に、明治神宮へ初詣に行った。ここでなければというこだわりは無いが、何年か続けて行くと、つい足が向いてしまう。元旦から人ごみに揉まれるのは耐えがたいので、4日あたりならいいだろうなと思った。案の定、朝方のせいもあろうが人は少なかった。今年の祈りは、心身健康、合格成就。気持ちをこめて手を合わせた。合掌していると突然、和太鼓の音が鳴りひびいた。本堂のほうで祈祷が始まったのだろう。顔を上げると、正装の男性たち20人ほどが頭を下げて立っているのが見えた。仕事初めのおごそかな儀式という感じがした。
 参拝のあと、原宿から表参道へ向かった。すると、途中に長い行列ができていた。どうやら表参道ヒルズの開店を待つ人々らしい。初売りセールか何か知らないが、ものすごい長蛇の列で、ほとんどが女性だった。並ぶ人の気持ちなど知る由もないが、楽しみにして待つものがあるというのは、いいことだと思う。
 表参道駅から千代田線に乗り、乃木坂駅で降りた。そこからぶらぶらと歩き、六本木のほうへ向かった。このへんは、ほとんど来たことがない。来る用がないし、飲み歩いたりもしないから。喫茶店でしばらくの間まったりと過ごしたあと、六本木ヒルズの映画館にはいった。以前ブログの日記帳に書いたことがある映画の続編となる「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を見る。前作のストーリーはもう忘れたと思っていたが、この続編を見ているうちに思い出してきた。面白く、楽しく、ほのぼのとした気持ちになり、気がつくと涙を流していた。心が洗われた。
 映画館を出ると、スクリーンで見たばかりの東京タワーが目の前に現れた。ヒルズというだけあって小高い丘なのだが、ここから眺める東京タワーはとても美しい。記念撮影をする人もいる。そんな風景を見ながら私は、今度ここに来るとしたらいつになるのだろう、などと考えたりしていた。

論文講座-04-書き方の習得方法

 書けない原因の2つ目(書き方がわからない)を解決するには、どうすればいいか。先日、書き方は練習すればすぐ身につくなどと述べたが、適切な方法で練習しなければ効果は出にくい。ここでは、効果的な方法について例示しておこう。

(1) サンプル論文を利用した演習
 前回、対策本のサンプルを読んで書き写すことを奨めたが、ネタ作りだけが目的ではなく、同時に書き方のコツをつかむといい。まず、いくつかの問題文と論文例を読み、自分の業務に近いものを一本選び、論文例を初めから終わりまで一字一句ていねいに書き写す。次に、書いたものを読みながら、一つ一つの文が何を表しているのかを余白にでも書いていく。例えば次のような文章の場合、a=事実、b=考え、c=理由、といった具合である。
 予定していた単体テストはすべて消化した(a)。しかし私は、このままでは単体テスト工程を完了できないと考えた(b)。なぜなら、バグ発生件数が収束しておらず、品質が確保されていないと判断したからである(c)。

 こうして初めから終わりまで精査すると、ほとんどの文は事実、考え、理由のいずれかに分類できる。さらに細かく分けると、事実には計画、手段、経過、結果などがあり、考えには目標、推測、意見、結論などがある。そして、考えには必ず理由がなくてはならない。
 最低二本のサンプル論文について以上の作業を行うと、多少なりとも書き方がわかってくると思う。論文作成にあたっては、客観的な事実と自分の考えを結びつけて書くことが大切である。

(2) 論文設計ワークシートの活用
 当ブログの「試験勉強におすすめしたい書籍(2006/7/29記事)」で紹介した対策本に『論文の解法テクニック』というのがある。ITEC社から出版されている本で、タイトル通り、午後2対策に特化した内容となっている。ITECでは昔から、論文設計ワークシートと呼ばれる独自のフォーマットを採用している。かつて、私自身もこのシートを使っていた。これを使えば、論文は初めてという人でも、それなりの形に仕上がっていくだろうと思う。では、どのように使えばいいのか。
 まず、自分が選んだテーマについて、シートの空欄(枠の中)を埋めていく。初めはあまり難しく考える必要はない。少しくらい雑な部分があってもいいので、とにかく全体像を作り上げる。すべて埋まったら、次に、それぞれの枠の中を見て、相互関係がきちんと成り立っているかチェックする。例えば「システム開発当初の目標を応答時間5秒以内と設定した」のであれば、評価項目に応答時間があるかどうか、などのチェックである。こうして書いた内容を確認し、必要に応じて加筆、修正をしながら、少しずつ論文全体の構成を仕上げていく。
 こうした方法によって、書き方が見えてくるだろう。論文作成にあたっては、内容もさることながら文章の構成を組み立てることもまた大切である。

 次回へつづく。

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。