情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007読書録『卒業』

 これは多くの人にすすめられる本。

卒業 卒業
重松 清 (2006/11)
新潮社
この商品の詳細を見る

 著者の作品については、去年の秋に読んだ「疾走」によって、自分自身をかなり消耗したような気もするし、とてつもないパワーをもらったような気もする。特にお気に入りの作家というわけでもないのだが、気がつくと読んでいる。ただし「疾走」は他の作品に比べると相当ダークな内容となっているので、はじめて読む方は(へんな言い方だが)覚悟を決めて読む必要がある。
 さて「卒業」であるが、こちらは一読した限りでは衝撃的と言うほどのストーリーでもなく、いわゆる「死」をテーマとした4つの短編から構成されている。4という数字を死とかけたのか?というのは考えすぎだろうか。いずれも異なる登場人物の視点から、それぞれ独自のストーリーが展開されていき、身近な人の死に対する敏感かつ繊細な心情がよく描かれていると思う。死といっても千差万別で、本当にいろいろな死の姿や形がある。この本を読むと、人にとって "生きかた" は大切であるが、"死にかた" も大切なんだと感じる。亡くなった人はこの世にいないけれども、残された人々の心の中で生きているのである。重いテーマでありながら、本書はそれを重く感じさせず、むしろ軽快とも言えるほどの巧みな表現とユーモアがあり、いつのまにか夢中になって字面を追っている自分がいた。卒業。この平凡なタイトルでありながら、いや、平凡だからこそ、そこに深い意味が込められているのではないか。
スポンサーサイト

2007読書録『ひらめき脳』

 今回も論説文を1つあげておく。

ひらめき脳 ひらめき脳
茂木 健一郎 (2006/04/15)
新潮社
この商品の詳細を見る

 この本はタイトルどおり、ひらめいて買った。書店でパラパラやって何となく、という感じだった。最近「脳」という言葉をよく目にするようになった。あの「脳内革命」に始まったブームなのかわからないが、脳が人間をコントロールするものである以上、これはもはや人類にとって永遠のテーマと言っていいだろう。本書では、前頭葉、海馬、シナプスなど聞いたことのある用語がいろいろ出てくる。しかし、こうした脳にまつわる専門用語の解説本ではなく、ひらめきという現象が発生するしくみについて具体例をあげて紐解くような内容になっている。著者は、単なる記憶力だけではなく「ひらめき」が非常に重要なものであることを切々と説いている。
 読んでいるうちに、ひらめきが日々の仕事や資格試験などでも大切、いや必要不可欠なのだと思えるようになった。たとえば、情報処理試験を例にあげると、選択式の試験では、いくらIT用語の意味を記憶していても、その記憶力を試験中に発揮できなければならない。記述式では、問われている内容に合致した言葉や表現のひらめきが必要になるし、論文では、準備していなかったテーマが出題されても、ひらめきによって記憶の海から1つ1つの言葉をすくい上げ、文章を組み立てていかなければならない。
 私は普段、こういう本をあまり読まないほうだ。すぐに目がふさがってしまうから。でも、本書ははっきりとした脳で、最後まで読むことができた。 

2007読書録『国家の品格』

 ブログの読書カテゴリが少し寂しいので、追加しておこう。

国家の品格 国家の品格
藤原 正彦 (2005/11)
新潮社
この商品の詳細を見る

 いまさらながら、昨年のベストセラーである。私は、書物に関してはけっこう流行ものが好きなので、この本もいずれ読みたいと思っていた。店頭でまず1冊手に取り、裏表紙を開いて版数を見ると次のように印字されている。
       2005年11月20日 発行
       2007年4月5日 44刷

 この1年半ほどの間で、44版にもなっている。客観的な目で見ると、じつに多くの人々が日本という国について何らかの関心を持っていることがわかる。題名だけ見ると、日本人が失った、あるいは失いつつある品格を取り戻すべきという主旨が想像でき、とにかく軽い気持ちで読んでみた。感想として、まず、非常に読みやすい。何かの講演の内容をもとに書物としてまとめたものらしいが、随所にちょっとしたユーモアやくだけた言い回しがあり、読んでいて肩が凝らない。著者の語りかけるような文体と明解な主張のせいか、すんなりと活字が頭に吸収されていく。「ならぬことはならぬものです」という引用文が示すように、世の中「論理」だけで説明できないことが確かに多く、古来から受け継がれてきた「情緒と形」を大切にすべしと本書は言っている。一方、アマゾンのレビューを見ると、賛否が分かれ、人によって世代によっていろいろな意見があるようだ。著者の言う武士道精神の復活とはまたずいぶん古めかしい気がするし、グローバルな流れに逆行するといった見方も当然あるだろう。しかし私は、本書のやや極論とも思えるぐらいの主張のほうが、むしろ読んでいて気持ちがいいと感じた。「よくぞ言ってくれた」と賞賛したいくらいである。本来日本人が持っている道徳心や繊細な心は大切にしたいと思うし、日本の伝統や格式をこれからの時代にうまく融合させていけばいいのではないか。古いものは時代遅れと言って切り捨てたとしたら、日本という国の存在感は限りなく薄っぺらなものになってしまうだろう。

連休明けに思ったこと

5月7日(月)
 ゴールデンウィークはあっけなく終わり、日本人はすぐに働きバチの姿に戻った。私もその例外ではない。電車に揺られ、朝9時には出社し、端末をあげ、メールを確認する。未読メールは10件ほどあり、そのうち連休中に送信されたものが2件あった。この業界で休日出勤は珍しいことではない。私も昔はよくやっていた。けれども、人生そろそろ折り返し地点かと思える年になってくると、そんなにあくせく働くことが本当にいいことなのだろうか、などと考えてしまう。休日出勤など好き好んでやる人はいないだろう。たいてい、しかたなく出勤しているのだ。手当がつくからまあいいと思っている人が仮にいたとしても、その人は少しばかりのお金を得るかわりに貴重な時間を失っている、という気がする。私は、できることなら、休みの日はゆっくりと休みたい。明日への活力を養うためにも。
 新緑のまぶしい爽やかなこの季節に、私がやりたいことは、スポーツと読書。残念ながら、スポーツはなかなかやる暇がないので、通勤電車の中で好きな本を読むのがささやかな楽しみになっている。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。