情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験勉強におすすめしたい書籍

 書籍といっても色々な種類があり、人によって何をねらいとするか、つまり勉強の目的が異なるので、一概にどれがいいとは判断しにくい。また、本との相性もあったりする。しかし、以下に挙げたものは、私の経験上「やれば実力アップが期待できる本」だと思う。これから本格的に勉強する方の参考になれば幸いである。


「午前」に出る情報技術〈2006〉「午前」に出る情報技術〈2006〉
アイテック情報技術教育研究所 (2005/12)
アイテック情報処理技術者教育センター
この商品の詳細を見る

 どの試験区分を受けるにしても、まず午前の選択式をクリアしなければならない。そのためには、とにかく数多くの問題を解いてみて自分の弱点を知り、苦手な分野を克服していく必要がある。アイテックの「午前に出る」シリーズは、問題数が多いうえに解説がわかりやすいので、誰にでもおすすめできる本である。私は昔、アプリケーションエンジニアの受験対策として(当時は「高度に出る」とかいう題名だったが)このシリーズをくり返し学習したことにより自信がついた。情報処理試験を初めて受験する方や、午前対策を万全にしたい!という方に是非おすすめしたい。


情報処理教科書 テクニカルエンジニア 「システム管理」 2006年度版情報処理教科書 テクニカルエンジニア 「システム管理」 2006年度版
金子 則彦 (2005/11/09)
翔泳社
この商品の詳細を見る

 午前は大丈夫だけど午後がちょっと・・という向きには、翔泳社の本を推薦しておく。私はこのシリーズの2005年度版を、昨年春のテクニカルエンジニア(システム管理)対策として使ったが、誤字が多くて苦労した。当ブログのカテゴリー「システム管理」を読んでいただくと分かるが、なにしろ自分で正誤表まで作ってブログに載せていたのだ。皮肉にもそうした熱心さが結果的に合格へとつながったわけだが、誤字さえなければ、対策本としては完璧な本だと思う(さすがに誤字の件は改善されていると思うが)。システム管理だけでなく、他の試験区分の場合も、この「情報処理教科書」シリーズは有力な選択肢として検討すべきだろう。


〈午後II〉論文の解法テクニック〈2006-2007〉  情報処理技術者試験対策書〈午後II〉論文の解法テクニック〈2006-2007〉 情報処理技術者試験対策書
アイテック情報技術教育研究所 (2005/12)
アイテック
この商品の詳細を見る

 論文の書き方というのは、自己流では大抵うまくいかない。いわゆる定石というかコツみたいなものがある。それを教えてくれるのがこの本である。論文対策というのは、それなりに時間のかかる作業だし苦痛を感じることもあるが、慣れてくると次第に苦痛が減っていく。私は、初めての論述式であったアプリケーションエンジニア試験の勉強でこのシリーズを使っていた。最近はいくつかの出版社から論文対策用の本が出ているけれども、昔からのノウハウを蓄積している「解法テクニック」がもっとも無難な選択だろう。


 本当はもう少し挙げておきたいところだが、安心して薦められるという意味では上の3つである。アイテックと翔泳社に絞られてしまったが、大切なのはどこの出版社かではなく、自分にあった本を、実際に書店で手にとって探してみることだと思う。そして当然のことながら、買ったら最後までやり抜く決心をしよう。
スポンサーサイト

ブログアクセス件数の集計結果2

2005年01月~06月の月平均アクセス件数  501件
2005年07月~12月の月平均アクセス件数 3,531件
2006年01月~06月の月平均アクセス件数 4,842件
2006年01月 3,427件
2006年02月 3,929件
2006年03月 5,568件
2006年04月 7,094件(→4/16:春期試験)
2006年05月 3,652件
2006年06月 5,382件(→6/13:合格発表)
2006年07月 4,516件(→7/25迄の集計値)

 以上の結果から、昨年に比べると、明らかにアクセスの伸び方が大きくなっているのがわかる。そして、試験のあった4月と合格発表の6月は多くなっており、検索エンジン等でヒットし初めてアクセスした人の数が増えた、というケースが考えられる。試験前月の3月が多いのも、情報処理技術者試験に対する関心が増してくる時期のせいと捉えてよさそうだ。
 ところで、アクセス解析をしていて面白いというか疑問に思ったのは、アクセス元の情報カテゴリ「国」という項目だ。FC2ブログのアクセス解析をよく使う方はご存知かと思うが、「国」という条件で集計すると「日本」のほかに幾つかの国名(組織名)が表示される。おそらくアクセス元のドメイン情報をもとに集計するのだろうが、次のような名称が表示されていた。

    日本
    ネットワーク組織
    米国営利組織
    ドイツ
    協同組合
    コスタリカ
    タイ
    北米4年制大学
    非営利団体
    シンガポール
    スイス
    その他

 圧倒的に日本が多いのであるが、それ以外の国名やら組合とやらは一体何なのだろうか。世界中の国ならばもっと沢山あっても良さそうなものだが・・。どうでもいい話だが、気になったので取り上げてみた。

祝!50,000アクセス到達

 5万件の大台に達した。訪れてくれた皆様には、あらためて感謝したい。ちなみに、過去の節目において、次のようなイベント(?)を実行していた。
 祝!ブログ開設1周年(2006.1.10)
 祝!3万ヒット記念アンケートにご協力を(2006.3.6)

 読み返してみると、アクセス数の月別統計など、けっこうマニアックな事までやっていたなあと、我ながら感心する。これは、せっかくなので懲りずにまたやるしかない。アクセス解析ツールを有効に使わなければと思う。30,000件まで14ヵ月かかったのに、50,000件まで、つまり次の20,000件を4ヵ月半で達成していることから、着実にアクセス数が伸びていると言える。
 あとは、少しでも読者の役に立つ情報を提供していきたいので、おすすめ本の紹介と再現論文にしよう。こうして自分の本来やるべき仕事(秋向けの勉強)から無意識に逃げようとしているのは、気のせいだろうか(笑)。
 というわけで次回から以下の企画を実施していくことにする。

 ・当ブログへのアクセス数集計結果の掲載(第二弾)
 ・試験勉強におすすめしたい書籍の紹介
 ・プロジェクトマネージャ(PM)合格時の再現論文の掲載

 今後とも当ブログを宜しくお願いします

メールフォームとQRコード

 今年最高の暑さから一転、梅雨が長引いているせいもあり、涼しい夏が続いている。当ブログのひまわりも太陽が恋しくて寂しそうに見える。
 ブログといえば、最近、プラグインを有効に活用してみたいと思い、メールフォーム、QRコードをブログに貼り付けた。メールフォームは、自分のメールアドレスを公表せずに第三者からのメールを受け取れる仕組みになっており、便利なものだとは思うが、果たしてメールなど送られてくるものだろうか。
 QRコードは前から気になっていたので、とりあえず設置してみた。携帯電話でこの怪しげな模様みたいなものを撮影すると、URL等の情報が記録されて、簡単にブログにアクセスできるようになるとか。さっそく私の携帯でやってみようとしたが、残念ながら、未対応の機種だった(笑) どなたか、試してみてほしい。

 アクセス件数が、もうすぐ5万件になりそう。訪れる人々に感謝!
 5万ヒット記念、何にしようか・・。

過去問題の傾向から考える

 平成11年から13年までの3年分の午後2問題にざっと目を通したところで、少し考えてみよう。"お題"は以下のとおりである。

 H11.問1 情報システム部門の役割の見直しについて
 H11.問2 ERPパッケージの導入計画の策定について
 H11.問3 システム開発における新技術の導入検討について
 H12.問1 インターネットをビジネスに活用する情報戦略について
 H12.問2 情報を共有し活用するシステムの計画策定について
 H12.問3 情報システムのパイロット開発・導入について
 H13.問1 情報戦略の策定について
 H13.問2 インターネットを活用した情報システムの計画策定について
 H13.問3 業務プロセスの再設計について
 
 こうして並べてみると、この3年間に限って言えば毎回出題されたテーマは「計画策定」であることがわかる。アナリストならではの出題テーマというわけだ。しかし、計画策定と言いつつ、H11はERP、H12は情報共有、H13はインターネットという具合に、論述の対象とする内容がまったく異なるので、選択すべきかどうかは問題文を含めてよく読まなければ判断できない。
 とはいいながら、私の場合、"お題"を見て感覚的に「これは選べない」「これは書けそう」と決めてしまうことが多い。ちなみに上記9問のうち私が選べないと思ったのは、ERP(H11.問2)、パイロット開発(H12.問3)あたり。いずれもパッケージ導入に焦点を当てた出題だが、このへんは経験が薄く、論文として書くべきネタが出てこないと思うからである。では、書けるのはどれだろうか・・。

 しばらく考えてみたが、書けそうなのは、ない
 どれを選んでも内容が極めて薄い論文になりそうな気がする。とすれば、内容を膨らませていくしかない。どうすれば膨らんでいくのだろう。強いて選ぶとすれば「インターネットの活用(H12.問1、H13.問2)」あたりか。昨年のPM論文対策で使ったシステムの再構築ネタをカスタマイズしていくか・・。
 焦ることはない。じっくりと、自分なりの論点をまとめていこう。

夏の暑さに負けないで

 太平洋から張り出した高気圧の影響で、東海、関東地方など広い範囲で15日、朝から気温がぐんぐん上昇。気象庁によると佐久間(静岡県浜松市)では38.4度を観測し、今年の全国最高となった。東京都心も36.1度と今年最高を記録。甲府が37.6度、14日に38.2度だった天竜(浜松市)が37.5度と、各地で猛烈な暑さとなった。
【共同通信社:2006年07月15日】

 梅雨の明けていない今の時期にもうこんなに暑くなるなんて、この先どうなるのだろう。7月はまだ半分残しているし、そのあと8月もあるのだ。ところで、夏といえば海や山へ出かけたりと開放的な気分になる一方で、秋の試験に向けて少しでも頑張ってやらなければなぁーと心の片隅で思っている人も多いだろう。私もその一人である。今までの経験からすると、7月と8月に遊んでしまった場合、合否の結果はほぼ目に見えている。普通は、9月からでは遅いのである。
 では早くから必死に勉強を続けられるかと言えば、なかなか難しいことも事実だ。連日35度を超える猛暑が続いたとすると、仕事をこなすので精一杯、体調を崩すこともあろうし、疲れた状態での勉強はあまり効果が期待できない。
 あくまでも私的な考えであるが、8月というのは、9月から10月にかけて実力アップを図るための土台づくりを行うべきだろう。夏場は手を抜いてもいいという意味ではなく、秋に飛躍するためのエネルギーを十分に蓄えるような勉強が必要、ということである。夏休みの勉強は、だらだらと長時間やるよりも、短時間で集中的にやるのがいいようだ。

受験申込みを迷っている人へ

 秋の受験申込みの受付が始まった。これから1ヵ月余りの間は、試験センターの幹部にとって落ち着かない日々が続くであろう。いかにして多くの応募者を集めるか、いかに受験率を上げるか。数字ではっきりと表れてしまうだけに、誰にも文句のつけようがない。試験センターとしてはそれなりに広報活動などを通じて頑張っているだろう。しかし、独立行政法人であるIPAは、民間企業のように画期的な宣伝を行うことはないし、おそらく今後もやらないだろうから、応募者が急増するとは考えにくい。
 概して日本人というのは、社会のトレンドに敏感で適応が早い一方、他人や周りの情報に流されやすく主体性に欠けていると私は思う。例えば、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)という新しい試験ができたので、よく分からないがとにかく受けてみよう!という好奇心はいいが、実務上はセキュリティ技術者でなくシステム管理者という人なら、やはりシステム管理に挑戦すべきだろう。あるいは業務SEをやっていて、アプリケーションエンジニアを何回受けても不合格なので、今度は人気のプロマネでも狙ってみようかと思う人がいるかもしれない。明確なキャリアアップを望むならそれでもいいが、何となく受けてみようという程度ではあまり意味がないしそう簡単に合格できるものでもない。情報処理試験というのは積み重ねの試験なので、なかなか結果が出せなくても、何回か受けているうちに合格へと近づいている場合が多いのである。最後に笑うのは「あきらめなかった人」である。

 受験申込みを迷っている人へのメッセージ
  誰しも一度は迷う。
  迷わない人はめったにいない。
  受けようか、やめようか。
  また同じ試験を受けようか、それとも変えてみようか。
  ほかの誰かが決めてくれるわけではない。
  最後に決めるのは、あなた自身なのだ。
  迷ってもいいと思う。冷静に考えてみよう。
  本当に欲しいと思う資格は何だろうか。
  いまもっともあなたに必要なスキルは何だろうか。・・・

 私はもう決心がついていた。
 システムアナリスト試験、申込み完了。
 今年の夏もまた、熱い戦いになりそうだな・・

日本システムアナリスト協会(JSAG)

 インターネットをさまよっているうち、日本システムアナリスト協会(JSAG)のサイトに辿り着いた。JSAG(Japan Systems Analysts Group)とは、シスアナ試験の合格者によるメーリングリストから発展して5年ほど前に設立された組織で、
 ・情報化計画等についての情報交換による実務能力の向上と人脈形成
 ・システムアナリストの人材像、役割の明確化
 ・社会的な貢献を目指した情報発信、提案等の活動
 ・情報処理に関する他の有資格者やその他専門家の諸団体との交流
などを目的としている。シスアナ合格者は正会員として入会できるほか、受験予定者も準会員であるが入会できるらしい。私などから見ると、準会員でも畏れ多くて尻込みしてしまいそうだが、あと5年後くらいには正会員になれたらなあ・・と思う。
 JSAGのサイトにある
   システムアナリスト合格体験記
 は、実際に合格された方たちの経験や考えが手に取るように分かる、非常に良い体験記だった。私がやっているのと同じ、経林書房の本で勉強された方もいて嬉しかった。これらの方たちは、アプリケーション、プロマネ、上級シスアドなども取得しており、AN以外の論文系の試験を狙っている人にとっても役立つだろう。一読をおすすめしたい。

アナリスト初体験

 前回の記事に取り上げた「経林本」を少しずつ読んでいる。午後1優先と言いたいところだが、じつは午後2も気になったので、まず論文サンプルにざっと目を通してみた。今回購入した2005年度版は、平成14~16年度の3年分の午後1と午後2問題に加えて、平成11~13年度の午後2問題が掲載されている。もちろん解答例(内容の良し悪しはまだ不明)もあるので、教材としては十分に使えそうかなと思う。私の性格上、時系列でやっていかないと何となく気持ちが悪いので、まず平成11年度の午後2の問題と論文例、解説を読んでみたところである。はじめてアナリストの問題に接した感想
 こりゃ相当手ごわいぞ・・
 職務上、普段から経営的なものの見方をしている人ならば、わりとイメージが描きやすいだろうが、私の場合はSEとPMの間をウロウロしている技術者(=意味不明)なので、ANの論文に書いてある内容はかなり敷居が高いと感じてしまうのである。この時点で、これから相当多くの努力が必要になることは火を見るよりも明らかだった。はじめから論文など読まなければよかったのか。それとも、たまたま難しいサンプルから読んでしまったのか。
 とにかく先に進んでみよう。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。